fc2ブログ
猛暑でも森の中は天国
2022 / 07 / 31 ( Sun )
連日熱中症警戒アラートが発表される中、県北の山歩きです。
正確には山に登るのではなく、山に続くアクセス道である林道歩きです。
ここは植物多様性の豊かな場所で、春から秋まで、私は年間を通して何度か歩いています。

集落の外れから山道に入ると、ヤブミョウガが咲いていました。
葉を見るとショウガにそっくりですが、ミョウガはショウガ科で、ヤブミョウガはツユクサの仲間です。
1ヤブミョウガ


クサアジサイです。
アジサイはほとんどが木本 (もくほん) と呼ばれる木ですが、クサアジサイはその名の通り、木ではなく草の多年草です。
2クサアジサイ


これは草ではなく木のタマアジサイです。
季節的にはこの時期は、タマアジサイはその名の由来となった玉のような蕾をつけています。今年はちょっと季節が早いようで、一部は開花しています。
3タマアジサイ


オオバギボウシの開花から少し遅れて、コバギボウシが咲きます。
オオバギボウシに比べると全体に小さいのですが、花の色は鮮やかです。
4コバギボウシ


イワタバコは、渓流沿いの湿気のある岩で見かけます。
この時期だけ、ほんの短い期間ですが、見つけると嬉しくなります。
5イワタバコ


今日もレンゲショウマの林まで来ました。
これまで数カ所で見かけましたが、まだ丸い蕾で、ここでは一輪だけなにを勘違いしたのか、咲いてしまいました。
レンゲショウマは森の妖精とも言われ、茨城県などいくつかの都道府県で絶滅危惧種に指定されています。
ここも道沿いのスギ人工林の下で見られ、付近で伐採が始まれば簡単に消滅してしまう環境下で育っています。
6レンゲショウマ


クロロフィル充満の森です。
ここまで自宅から車で2時間、歩き始めて1時間30分、このような風景を見るとホッとします。
7森


近年、毎年のように異常気象が叫ばれています。
今日も、危険な暑さを知らせる熱中症警戒アラートがあちこちで発表されています。
それでも、日本は国土の2/3が森林と言われています。
このことは、私が思うに恵まれた環境であります。
私たちは、もっと森林の恵みを感じるべきだといつも考えています。
8森
スポンサーサイト



07 : 46 : 41 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<今日は海へ | ホーム | 真夏の山歩き>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/738-ef9eadce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |