蔵王スノーシュー
2010 / 02 / 11 ( Thu )
山形県白鷹山岳会の山仲間と蔵王坊平でスノーシューハイキングを楽しんできました。
蔵王ライザワールドスキー場のリフト2基を乗り継ぎ、終点まで行きます。
今日は建国記念日で休日ですが、スキー場は閑散としていました。

リフト

あいにくの曇り空の中、メンバー6人で樹氷原から主稜線である馬の背に着きました。
このころには上空に青空が広がり、すばらしい展望を見せてくれました。
馬の背から見た蔵王連峰中、最高峰の熊野岳方面です。
熊野岳方面

刈田岳山頂に向かいます。
奥羽山脈の一部である蔵王連峰は、シベリア高気圧の影響で、大陸から冷たい風が吹き抜けます。
このため雪はガチガチに氷化し、風上にはえびの尻尾が並んでいます。
刈田岳

蔵王のシンボルであるお釜も見えます。
しかしエメラルドグリーンといわれるお釜も今は白一色です。
お釜

刈田岳山頂の刈田嶺神社の大鳥居もこのとおり。
刈田嶺神社鳥居

まるでケーキのクリームで覆われたような刈田嶺神社です。
刈田嶺神社

神社の前で集合写真。
集合写真

一面の雲海から突き出ているのは大朝日岳です。
大朝日岳

ここからは樹氷原のモンスター達です。
樹氷原

孤高のモンスター。
樹氷原

ぞろぞろとうごめくモンスター。
樹氷原

子連れのモンスター。
樹氷原

あちこちから集まるモンスター。
樹氷原

先頭集団のモンスター。
樹氷原

一休みのモンスター。
樹氷原

モンスター群に分け入り、話しかけます。
樹氷原

一人いじけるモンスター。
樹氷原

ぞろぞろ集まるモンスター。
樹氷原

やがてモンスターに取り囲まれます。
樹氷原

やっとモンスター群から逃げ出しました。
樹氷原

避難小屋で昼食です。白鷹山岳会のリーダがおでんをつくってくれました。
寒い中で食べるおでんは最高です。リーダに感謝。
避難小屋

帰りはブナ、ミズナラ林を下ります。ここもいつもながら楽しいフィールドです。
ブナ林



スポンサーサイト
20 : 49 : 40 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<山形県長井市の熊野山を歩きました。 | ホーム | 森林インストラクター総会>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/68-053420c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |