裏山散歩
2009 / 12 / 19 ( Sat )
夕方、犬の散歩で裏山を歩きました。
この時期、コナラやクヌギ、ヤマザクラなどは葉を落とし、冬支度に入っています。

シュンランです。ラン科の植物ですが、ここ茨城ではあちこちで見ることが出来ます。
早春に咲く花ですが、もう葉の間から花茎を覗かせています。
シュンラン

ショウジョウバカマです。これもロゼット葉の中心から、花茎が見えます。
ロゼット葉とは、葉を地面に貼り付けるように広げているもので、タンポポなどでよく見られます。
冬の間は、地面にはり付くように葉を広げることで、太陽の光を受けやすくなり、気温が低くても、
太陽の光で暖まった地面の熱が、葉に伝わりやすくなり、また、風の影響も受けにくくなります。
しかし、よく観察してみると、このショウジョウバカマも生育する場所によって、ロゼット葉に
なるものと、葉が立ち上がるものとがあります。太陽の光を受けやすく、風の影響が少ないような
ところでは、葉が立ち上がっているようでした。
ショウジョウバカマ

沢沿いの道の盛り土に、スギとヒノキが並んで実生から育っていました。
スギとヒノキ

なんとこの時期にフキノトウを見つけました。この付近では早春の2月に採取しますが、まだ12月の半ばです。
少し複雑な気持ちですが、数が少ないのでフキ味噌にしていただきました。
早春の香り・・・じゃなく初冬の香り?
フキノトウ
スポンサーサイト
22 : 05 : 03 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<今年の歩き初め-恒例の日立アルプス | ホーム | 山仲間との忘年会と深岩登山>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/62-35307fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |