FC2ブログ
インストラクター仲間との観察会
2018 / 05 / 12 ( Sat )
森林インストラクター神奈川主催の合同観察会が、筑波山で実施されました。
主催の神奈川をはじめ、千葉、埼玉、東京そして茨城のインストラクターが、
筑波山のつつじが丘から女体山、男体山と歩きました。
1観察会

登山道を歩き始めると、両側にツクバネウツギが現れました。
和名を衝羽根 (つくばね) 空木と書き、筑波とは関係ありません。
花は、オレンジ色の網目状模様と5個のがく片が目立ちます。
2ツクバネウツギ

ヒトツバカエデはカエデの仲間ですが、葉は分裂しておらず、一見
カエデのようには見えません。
しかし、葉はカエデの仲間共通の対生となっています。
また、果実はイロハモミジなどと同じく翼がつき、ひらひらと落下します。
秋の黄葉が見事です。
3ヒトツバカエデ

ミツバウツギです。
和名は三葉空木で、三出複葉という葉の形を持つウツギです。
4ミツバウツギ

女体山から下ったところにヒイラギソウが群生していました。
葉がヒイラギに似たところから名付けられたようで、緑の葉の中から
青紫色の花を、段になってつけています。
環境省の絶滅危惧種に指定されている植物で、貴重なものです。
5ヒイラギソウ

立身石 (りっしんいし) と呼ばれる斑レイ岩の好展望地から、
つくば市内を俯瞰します。
6俯瞰

立身石からすぐ下にアズキナシが咲いていました。
緑の葉が茂る中に、5枚の花弁を持つバラ科の植物です。
7アズキナシ
スポンサーサイト
20 : 44 : 18 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<たくさんのカエデとシロヤシオ | ホーム | 安堵した出会い>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/617-426066e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |