FC2ブログ
野の花見つけた
2018 / 05 / 02 ( Wed )
県北の山を歩いてきました。
山歩きが目的ですが、この時期花や樹が気になり、なかなか足が
進みません。

コンロンソウは、昔は十字花科とも呼ばれ、アブラナ科の特徴である
4枚の花弁が目立ちます。
1コンロンソウ

ツルカノコソウです。ツルとつきますが、つる植物ではありません。
2ツルカノコソウ

まるで園芸植物と見間違いそうなホソバヤマブキソウです。
ヤマブキソウに比べ、細い葉の品種です。
3ホソバヤマブキソウ

レンプクソウは、別名ゴリンバナ (五輪花)で、茎の先に5個の花が
まとまってつきます。
4レンプクソウ

ワタゲハナグルマは、南アフリカ原産の花で、日本の帰化植物です。
5ワタゲハナグルマ

マムシにカエルです。
マムシグサの花の上に、アマガエルが乗っていました。
6マムシグサ

タチイヌノフグリは、イヌノフグリとともに、見たかった植物です。
7タチイヌノフグリ

雑草として嫌われ者のカタバミですが、よく見ると可愛らしい花です。
8カタバミ

アカバナユウゲショウです。これも帰化植物です。
和名は赤花夕化粧で、紅色の花を夕方に開くことで名づけられた
ようですが、この花は昼間から咲いています。
9ユウゲショウ

オドリコソウが群生していました。
和名は踊り子草で、花のつき方が笠をかぶった踊り子が並んだ姿に
たとえたもの。
よく似た花に上部の葉が赤紫色を帯びるヒメオドリコソウがあります。
10オドリコソウ

シャガはアヤメ科の花で、中国原産です。
この花も不思議な花で、ヒガンバナと同じく種子ができません。
国内で見られるシャガは、すべて同じ遺伝子を持っています。
11シャガ

ホタルカズラが固まって咲いていました。
野の花ではなかなか見ることのできない鮮やかな青色の花は、
すぐ目に付きます。
12ホタルカズラ
スポンサーサイト
07 : 58 : 48 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<安堵した出会い | ホーム | 葉桜だったオオシマザクラ>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/615-95b146cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |