FC2ブログ
疫病を治した湧き水
2018 / 02 / 04 ( Sun )
筑西市をゆっくりと流れる五行川 (ごぎょうがわ) は、勤行川 (ごんぎょうがわ) とも
呼ばれ、小貝川から利根川へと合流し、鹿島灘に注ぎます。
この川に沿って勤行川緑地公園が整備されています。
1勤行川

この公園を歩くと、中舘観音寺があります。
この寺に向かうと延命水と呼ばれる小さな湧き水があります。
言い伝えによると「今から1200年ほど前、観音像を背負った男がここに
立ち寄り、この湧き水でのどを潤した。当時は疫病が流行し、男が病人に
この湧き水を飲ませたところ、病気が治った。男はここにお堂を造り、
観音様を祀った」というようなことが書かれていました。
2湧き水

中舘観音寺は、正式な名称は施無畏山延命院観音寺
(せむいざんえんめいいんかんのんじ) といい、天台宗のお寺です。

病人を救ったという男が祀った観音像でしょうか、本尊の延命観世音
菩薩立像は国指定重要文化財です。

観音寺の周辺には巨木が生い茂り、ソメイヨシノやヤマザクラなどが
生育しています。
3観音寺

南東方面には、田園地帯の先に筑波山が見えました。
4筑波山
スポンサーサイト
09 : 43 : 24 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<田舎もん | ホーム | 地元の人たちの手で整備された平地林>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/606-5cdfff86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |