懐かしい万博あとを訪ねて
2018 / 01 / 20 ( Sat )
茨城の自然100選を訪ねて、つくば市の科学万博記念公園から、ゆかりの森を
歩いてきました。
記念公園は、1985年に開催されたつくば科学万博の跡地に作られた公園です。
1記念公園

ここは、 「ぽっかりが丘」 と呼ばれる芝生広場です。
家族連れなどが、思い思いの時を過ごしていました。
2ぽっかりが丘


ぽっかりが丘横にはイチョウ並木が続き、心地よい散策路となっています。
3イチョウ並木


周囲の斜面には、手入れの行き届いた高木樹だけが植栽され、開放的な
印象を与えています。
4人工林

「ぽっちゃん湖」 と呼ばれる池です。
ここはもともとは山林であり、森の持つ保水力が維持されていましたが、
開発によって伐採され、保水力が低下しました。
このため、治水を目的とした調整池として、万博当時からある池です。
5ぽっちゃん湖

日本では戦後しばらくの間、家庭の燃料は薪や炭が中心でした。
しかし昭和30年代になると、それまでの燃料は石炭や石油に代わって
いきました。

科学万博記念公園から北へ数キロ先に位置する 「豊里ゆかりの森」 です。
燃料として使われなくなった平地林を残すにはどうしたら良いか、という
問いかけに対する一つの答えとして万博の年につくられました。
6平地林

アカマツやクヌギなどの平地林の中には、キャンプ場やケビンなどの
宿泊施設がつくられています。
7池

林の中では、昆虫採集や観察することができます。
この昆虫館では、たくさんの昆虫標本が展示されています。
8昆虫館
スポンサーサイト
20 : 44 : 33 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<研究機関に囲まれた都市公園 | ホーム | とりあえず命名された奥の金山>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/602-2b0136fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |