クリーンハイク
2009 / 11 / 28 ( Sat )
 市内のハイキング仲間で、地元の小木津山自然公園から羽黒山まで、ゴミを拾い集めながらハイキングを楽しみました。
ここはもともとはアカマツ林にコナラ、クヌギ、ヤマザクラなどが混じる里山林でしたが、日立市が昭和46年に市民の憩いの場として整備しました。
この自然公園の駐車場付近にはマテバシイ、歩き出してすぐにトチノキ、それからメタセコイア、公園内を歩いているとコブシやトウカエデなど、このへんでは自生していない樹木が目につきますが、これらの樹木は公園の整備段階で植えられたものです。

人工池から南展望台方面に向かいます。
自生しているコナラなどの黄葉と、新たに植えられたカエデ類の紅葉が見事です。
1クリーンハイク

北展望台に向かいます。
2紅葉

カエデ類の紅葉が見事です。
3紅葉

落ち葉を観察すると、これらのカエデはイロハカエデとオオモミジ、ウリカエデ、ウリハダカエデそれにトウカエデでした。
4紅葉

ゴミを集めながら、紅葉の中を歩きます。
5紅葉

この後、小木津山自然公園から羽黒山まで歩きました。山頂での集合写真です。
6集合写真

シュンランの果実です。
7シュンランの果実

途中おいしそうなキノコを見つけましたが、これは「カキシメジ」という毒キノコです。
猛毒ではありませんが、誤食すると嘔吐や下痢などの症状が現れるようです。
8カキシメジ

県内の山を歩いていると、立ち木の根元でこのようなものを結構見かけます。これは「ボクトウガ」というガの幼虫が木の中に入り込み、材を食べて成長し、そのときに排出した糞です。
9ボクトウガの糞
スポンサーサイト
17 : 23 : 08 | ボランティア活動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<山仲間との忘年会と深岩登山 | ホーム | 県勤労者山岳連盟救急法講習会>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/60-5a25fc6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |