そろそろ秋の花が
2017 / 08 / 26 ( Sat )
暑くなったり涼しくなったりの天候不順が続く今年の夏ですが、野山は
秋の花が多くなりました。
秋の花といえば、キク科植物がその代表でしょうか。
オクモミジハグマは、モミジに似た葉、長く突き出た雌しべと、ねじれた
ようにつく白い小花が特徴です。
1オクモミジハグマ

葉がカシワの葉に似ているから名づけられたというカシワバハグマです。
花はまだ少し先のようです。
2カシワバハグマ

3裂した葉が槍の先のようだ、ということからオヤリハグマと名づけられました。
茨城県のレッドデータブックに記載されている希少種です。
3オヤリハグマ

モミジガサも咲いていました。
山菜好きには、シドケとして知られています。
4モミジガサ

これもキク科植物の、サジガンクビソウです
5サジガンクビソウ

夏も終わりに近づき、湿った場所でよく見られるツリフネソウです。
クルリと巻かれ、後ろに突き出た蜜をためるための距 (きょ) が面白い花です。
6ツリフネソウ

こちらは、ツリフネソウと同じ仲間のキツリフネです。
7キツリフネ

ラン科のオオヤマサギソウもまだ咲いていました。
8オオヤマサギソウ

ヤマジノホトトギスは、花が2段に付いたような特徴の花です。
9ヤマジノホトトギス

尾根道には、ミヤマママコナが群生していました。
10ミヤマママコナ

ヒガンバナの仲間のキツネノカミソリです。
11キツネノカミソリ
スポンサーサイト
20 : 18 : 52 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<秋の花が盛りです | ホーム | 秋の花が咲き始めました>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/588-f598d712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |