絶滅危惧種を切っちゃった。
2017 / 07 / 17 ( Mon )
インストラクターの林業研修で、県北の林業家の森林に入りました。
私はもう20年近くこの森に入り、人工林の植え付け、下刈り、枝打ちや
間伐などの作業の、ほんのわずかなお手伝いを続けてきました。
荷見の森

今日は、下刈りの作業です。
下刈とは、植え付け間もない苗木を周りの雑草木から守るために
行う作業で、鎌や刈払機で刈り取ります。
植林されたスギやヒノキは、自然に成長する天然林と比べ競争に弱く、
放っておくと雑草木に覆われ、太陽光を奪われて枯れてしまうことが
あります。
このため夏場のこの時期に、林内の草や木を刈り取ります。
下刈り

作業中、一瞬の出来事で、ヤマシャクヤクを刈払機で切り落として
しまいました。
ヤマシャクヤクは、関東から九州に自生する植物で、環境省の絶滅
危惧種に指定されている希少な植物です。
園芸種で中国原産のシャクヤクと比べ、純白で一重の花弁を持ち、
清楚な感じの花が咲きます。
ほとんど見ることのできない植物で、この花を捜し求めて山歩きを
している人もいるようです。

それでも、すぐ近くに果実をつけたヤマシャクヤクを見つけました。
来年、純白の花を求めてここに来ようと考えています。
下刈り
スポンサーサイト
20 : 33 : 23 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<ランを見に、神社めぐり | ホーム | 高山植物の咲き続ける飯豊山>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/584-eadbd86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |