スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
高山植物の咲き続ける飯豊山
2017 / 07 / 12 ( Wed )
山仲間と飯豊山を歩いてきました。
梅雨のこの時期は計画が立てにくいのですが、この3日間は
最高のお天気に恵まれました。
今回は、御沢登山口から山小屋2泊の日程で、高山植物を
楽しみながらの山歩きです。
1御沢登山口

長い尾根道を登り続けると展望が開け、飯豊山が見えました。
2登山道

歩き始めて間もなく、白いイワカガミが咲いていました。
3イワカガミ白

オオバユキザサは、よく見られるユキザサに比べ、葉など
全体が大きく目立ちます。
4オオバユキザサ

ズダヤクシュ
5ズダヤクシュ

ネバリノギラン
6ネバリノギラン

ミツバオウレン
7ミツバオウレン

ウラジロヨウラク
8ウラジロヨウラク

ツマトリソウ
9ツマトリソウ

オオコメツツジ
10オオコメツツジ

ウワミズザクラが咲いていて、驚きました。
11ウワミズザクラ

タニウツギ
12タニウツギ

ノウゴウイチゴ
13ノウゴウイチゴ

ムラサキヤシオ
14ムラサキヤシオ

オオカメノキ
15オオカメノキ

初日は、三国小屋泊りです。
山並みのグラデーションが墨絵のように幻想的です。
16三国小屋の夕

三国小屋の朝です。
目指す飯豊山が見えます。
17三国小屋展望1

左の高みは、飯豊連峰の最高峰大日岳です。
18三国小屋展望3

オトギリソウ
19オトギリソウ

コケモモ
20コケモモ

コバイケイソウは、今年は外れのようです。
わずかに咲いていた個体も、花は終わりかけていました。
21コバイケイソウ

シラネニンジン
22シラネニンジン

シラネアオイと雪渓
23シラネアオイと雪渓

ハクサンシャクナゲ
24ハクサンシャクナゲ

アカモノ
25アカモノ

マイヅルソウ
26マイヅルソウ

ミヤマキンポウゲ
27ミヤマキンポウゲ

ミヤマクルマバナ
28ミヤマクルマバナ

モミジカラマツ
29モミジカラマツ

清楚な感じのオノエランを、あちこちで見ることができました。
30オノエラン

アカモノとハクサンチドリ
31アカモノとハクサンチドリ

サラサドウダン
32サラサドウダン

ニッコウキスゲ
33ニッコウキスゲ

いつみても感動のヒメサユリです。
34ヒメサユリ

ハクサンチドリ
35ハクサンチドリ

ウズラバハクサンチドリ
36ウズラバハクサンチドリ

飯豊山神社の祀られているピークが、だいぶ近づいてきました。
37飯豊山遠望

イワイチョウ
38イワイチョウ

アオノツガザクラ
39アオノツガザクラ

ショウジョウバカマ
40ショウジョウバカマ

ゴゼンタチバナ
41ゴゼンタチバナ

シロバナクモマニガナ
42シロバナノクモマニガナ

開花前のガッサンチドリです。
43ガッサンチドリ

飯豊山に近づくにつれ、夏道は残雪の雪田に覆われ、雪田のトラバースとなります。
44雪渓

マルバシモツケ
45マルバシモツケ

左手には、大日岳も間近に見えます。
46飯豊山

オオバキスミレ
47オオバキスミレ

ミヤマハンショウヅル
48ミヤマハンショウヅル

ダイモンジソウ
49ダイモンジソウ

ヒナウスユキソウ
50ヒナウスユキソウ

広い雪田の斜面を登ります。
51雪渓

ヨツバシオガマ
52ヨツバシオガマ

ベニバナイチヤクソウ
53ベニバナイチヤクソウ

タカネスミレ
54タカネスミレ

ミヤマダイコンソウ
55ミヤマダイコンソウ

長いアップダウンを繰り返し、最後の鞍部に姥権現 (うばごんげん)
呼ばれる石仏が祀られています。

この姥権現は、昔飯豊山が女人禁制の霊山であったころ、この禁を
破って山に入り、神の怒りにふれ石になった、というような伝説が
あるようです。

今ではかつての女人禁制などうそのように、元気なおばさんたちが
飯豊山を目指しています。
56姥権現

ハクサンフウロが一輪だけ見られました。
57ハクサンフウロ

チシマギキョウ
58チシマギキョウ

ムカゴトラノオ
59ムカゴトラノオ

高山地帯を彩るオヤマノエンドウです。
60オヤマノエンドウ

ハイマツの赤い雄花が目立ちます。
61ハイマツ

ミヤマアカバナ
62ミヤマアカバナ

チングルマ
63チングルマ

コイワカガミ
64イワカガミ

やっと見られました。
イイデリンドウです。
65イイデリンドウ

ムシトリスミレ
66ムシトリスミレ

ハクサンイチゲ
67ハクサンイチゲ

ミヤマキンバイ
68ミヤマキンバイ

ツリガネニンジン
69ツリガネニンジン

カラマツソウ
70カラマツソウ

クルマユリはまだつぼみですが、これから山を赤く彩ることでしょうか。
71クルマユリ
スポンサーサイト
15 : 00 : 57 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<絶滅危惧種を切っちゃった。 | ホーム | 海浜植物の鹿島灘>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/583-e1413bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。