茨城の山は面白い
2017 / 06 / 17 ( Sat )
県北の山を歩いてきました。
オオルリやミソサザイの囀る沢沿いの道は、初夏の彩り包まれています。

エイザンスミレを見つけました。
エイザンスミレは、美しい花とスミレの仲間では珍しい切れ込みの深い
葉が特徴です。
しかし、花が終わって出てくる夏葉は、まるで別の植物のような葉が展開
します。

写真中央の濃い緑で切れ込みの深い葉が、この春の開花とともに展開
した葉です。
その左右に見える大きな葉が夏葉です。春の葉と比べると切れ込みも
少なく、まるで別な植物の葉に見えます。
1エイザンスミレ

これは、ショウジョウバカマです。
ショウジョウバカマは、高山から平地まで全国で見られます。
私も3月に裏山で、7月には高山地帯の山歩きで毎年見ています。
花の色にも地域や個体差があり、見て楽しい花です。
ショウジョウバカマは、花を咲き終えると、花茎と呼ばれる茎を
長く伸ばします。
この花茎の長さは花の時期と比べ、倍以上に伸びます。
これはショウジョウバカマが茎を伸ばすことによって、風でより
遠くまで種子を散布するための戦略といわれています。
2ショウジョウバカマ

日陰の湿った斜面にジャゴケがついていました。
ヘビのウロコのように見えることから名づけられたジャゴケです。
3ジャゴケ

クワガタソウです。対生してつく葉が特徴的です。
この上部の葉の付け根に花をつけます。
この写真の花はもう終わりの頃で、花弁は閉じています。
ちょっと触れたら落ちてしまいました。
4クワガタソウ

6月としては珍しく、キク科植物の特徴である頭花をつけた花が
咲いていました。
外来種と見間違うような黄色い花をつけたサワギクですが、
れっきとした日本固有種です。
5サワギク

ムラサキサギゴケです。
匍匐枝 ( ほふくし) と呼ばれる長いつる状の枝を伸ばして、
薄い紫色の花をつけています。
6ムラサキサギゴケ

ミゾホオズキです。
鮮やかな緑の中に黄色い小さな花が目に付きます。
7ミゾホオズキ

チダケサシは、長く伸びた枝にびっしりと花をつけています。
ルーペなどで拡大してみると、ユキノシタ科らしく可愛らしい花です。
8チダケサシ

地上の茎の元につく葉と、茎の途中に3出複葉と呼ばれる葉を出し、
線状で純白の花を咲かせます。

ミヤマカラマツは、茨城県の準絶滅危惧に指定されています。
9ミヤマカラマツ

森から出ると、日当たりのよい所でテイカカズラが咲いていました。
林床で小さな葉をつけたテイカカズラをよく見かけますが、花を
咲かせるのは十分な日光が必要です。
10テイカカズラ
スポンサーサイト
20 : 08 : 24 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<復活した砂沼 | ホーム | マメヅタとマメヅタラン>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/580-97d2d0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |