マメヅタとマメヅタラン
2017 / 06 / 15 ( Thu )
山を歩いていると、やや薄暗い林内の樹木などに茎を這わせた
シダ植物のマメヅタをよく見ます。
光沢があり肉厚の丸い葉と見ると、これがシダ植物とは思えません。
しかし、マメヅタは花を咲かせず、胞子で増えます。
これは、コケ植物やシダ植物共通の繁殖法です。

樹皮に着生したマメヅタです。
マメヅタ

これは、ラン科植物のマメヅタランです。
日当たりのよい岩や樹木に着生するランで、人が近寄りにくい場所に
生育しています。
環境省の準絶滅危惧種に指定されている希少種です。
マメヅタラン1

20日前に訪ねたときはまだつぼみでしたが、今日は十分楽しませて
くれました。
マメヅタラン2


スポンサーサイト
20 : 33 : 11 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<茨城の山は面白い | ホーム | 丘陵地に建つ神社>>
コメント
----

 筑波の瀬尾と申します。
以前マメズタランの記事を拝見いたしました。私もおかめ山、鍋足山では観察したことがあるのですがこれほど見事なのは見たことがありません。どの辺で見られるのでしょうか?差支えなければお教えください。
by: 瀬尾浩一 * 2017/08/15 08:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

瀬尾 さん
コメント、ありがとうございます。
マメヅタランは、環境省の準絶滅危惧種に指定されている希少な植物です。
茨城県内では、限定されたわずかな地域でしか見ることはできません。
このような植物を守るために、このブログ上で場所を特定することはご容赦願います。
期待に添えなくて申し訳ありませんが、ご理解ください。

私は、森林インストラクターという資格を持ち、仲間とともに筑波方面でも植物の観察会を実施しています。
新聞などに案内を掲載しますので、もし目にすることがあれば参加してみてください。
by: yamazaru * 2017/08/15 17:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/579-e7bc988c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |