マメヅタとマメヅタラン
2017 / 06 / 15 ( Thu )
山を歩いていると、やや薄暗い林内の樹木などに茎を這わせた
シダ植物のマメヅタをよく見ます。
光沢があり肉厚の丸い葉と見ると、これがシダ植物とは思えません。
しかし、マメヅタは花を咲かせず、胞子で増えます。
これは、コケ植物やシダ植物共通の繁殖法です。

樹皮に着生したマメヅタです。
マメヅタ

これは、ラン科植物のマメヅタランです。
日当たりのよい岩や樹木に着生するランで、人が近寄りにくい場所に
生育しています。
環境省の準絶滅危惧種に指定されている希少種です。
マメヅタラン1

20日前に訪ねたときはまだつぼみでしたが、今日は十分楽しませて
くれました。
マメヅタラン2


スポンサーサイト
20 : 33 : 11 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<茨城の山は面白い | ホーム | 丘陵地に建つ神社>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/579-e7bc988c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |