集落の氏神様を祀る山
2017 / 06 / 04 ( Sun )
福島県との県境に位置する宮川八溝山と、剱山を歩いてきました。

今日は、JR水郡線矢祭駅近くの福島県側から入ります。
しばらくは、地形図に書かれている沢沿いの林道を歩きます。
やがて地形図からは林道の表示はなくなりますが、道は続いています。
多分、この道を進むと、今は消滅集落となった萩に通じているのかも
知れません。
林道から外れ、宮川八溝山に向かいます。

元は、林業のための作業道としてつくられた道でしょうが、今は葉を
広げたタマアジサイが、道一杯に群生しています。
1宮川八溝山へ向かう

斜面につくられたヤブ状態の道から尾根に乗ると、ほどなく
宮川八溝山のピークです。
ここには、土塁のように周りを盛土したその中に、石祠が祀られています。
「醍醐百名山」によると、「本山である八溝嶺神社 (やみぞみねじんじゃ)
祭礼の日には、ここで地元の男女が酒魚持参で昼間から一杯やっていた」
というようなことが書かれています。
2宮川八溝山

石祠のすぐ近くに、立ち枯れた木が見られます。
スギの巨木のようですが、根本には焦げた樹皮が見られ、
落雷にあったのでしょうか。
3宮川八溝山

これから梅雨に向かいアジサイの季節ですが、山中ではコアジサイが
咲き始めています。
コアジサイ

宮川八溝山からは尾根を西に辿り、剱山に向かいます。
南側斜面が伐採された剱山が見えました。
5剱山

山頂には、雷神の石祠と石燈篭が置かれています。
ここには四等三角点が設置され、測量の基準となる基準点名は
なぜか地獄沢です。
6剱山


miya
スポンサーサイト
21 : 57 : 54 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<オオムラサキの生息地 | ホーム | 奥久慈の山歩き>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/574-c5344b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |