花を見ながらの山歩き
2017 / 05 / 20 ( Sat )
山仲間と県北の山を歩いてきました。
尾根を歩いて見かけた花です。
最初に遠目で見たとき、あれタニウツギが咲いてる、と思いました。
タニウツギは、日本海側で見られるウツギの仲間で、県内に自生は
ないはずです。
近づいて観察すると、萼片の特徴がツクバネウツギです。
萼片が羽根突きの羽根に似ていることから、ツクバネウツギと
名付けられました。
ツクバネウツギの花の色は白や黄色ですが、この花は赤い色で、
ベニバナツクバネウツギです。
1ベニバナツクバネウツギ

クワガタソウは、オオイヌノフグリと同じ仲間です。
全国に普通に見られる雑草と書かれた図鑑もありますが、それほど
見かけるものでしょうか。
2クワガタソウ

これは鮮やかな青紫のヤマタツナミソウです。
3ヤマタツナミソウ

ヤマブキソウも咲いていました。
緑の広がる林床植物の中に、ひときわ映える黄色の花弁を
広げていました。
4ヤマブキソウ

タチガシワは、4月にも御前山で観察しましたが、これほどまとまって
咲くものは珍しいと思います。
5タチガシワ

ギンランです。
よく似た植物でササバギンランがありますが、多く見られるのはササバギンランです。
6ギンラン

キンランは、群生状態で咲いていました。
7キンラン
スポンサーサイト
21 : 36 : 47 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<花盛りの海浜公園 | ホーム | クマガイソウ観察>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/570-b0039a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |