思い出の吾妻連峰縦走
2009 / 11 / 01 ( Sun )
福島、山形両県にまたがる吾妻連峰を縦走しました。
いまから40年近く前、まだ私が山について何も知らなかったころ連れて行ってもらった、思いでの山です。2日目のお天気が心配ですが、初日はすばらしい晴天となりました。

磐梯吾妻スカイラインを走り、浄土平から歩き始めました。
前方に酸ガ平避難小屋が小さく見え、その後方が一切経山方面です。
酸ガ平小屋

一切経山山頂を過ぎるとすぐに眼下に火口湖の五色沼が見え始めます。
五色沼

五色沼から後方に家形山、烏帽子山、昭元から東大巓へと縦走路が続きます。
五色沼

五色沼のすぐ脇を通ります。
五色沼

今日の宿となる名月荘避難小屋付近の弥兵衛平です。今は草紅葉の時期を過ぎ、枯葉になっています。
弥兵衛平

弥兵衛平は池塘が点在するすばらしい展望の広がるところです。
弥兵衛平

吾妻連峰1日目は好天に恵まれました。しかし翌日の天気予報では低気圧が上空を覆い、全国的に雪や雨の予報が出ています。避難小屋では夜半から気温がぐんぐん下がり、強風が周囲のオオシラビソの木を揺らします。この夜は一晩中強い風の音で熟睡できませんでした。

朝起きると厚い雲が上空を多い、風が強く、予定の中大巓、西吾妻山そして西大巓からグランデコスキー場への下山をあきらめ、東大巓から大倉新道を歩き、谷地平湿原、姥ケ原そして浄土平への周回コースをとることにしました。

大倉新道は樹林に覆われた長い沢道が続きます。それが終わると谷地平湿原、姥ヶ原そして鎌沼です。浄土平はもうこの先すぐです。このころになると天気は回復し、上空には青空がのぞくようになりました。
鎌沼

登山口の浄土平に着きました。吾妻小富士にはバスツアーの観光客が火口を見ようと列をなして登っている様子が見えました。
吾妻小富士
スポンサーサイト
20 : 38 : 07 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<八溝山植物観察会 | ホーム | 飯豊奥胎内の山歩き>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/57-b1a52e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |