スダジイの森に囲まれた古刹
2017 / 05 / 05 ( Fri )
茨城の自然100選を訪ねて、桜川市真壁町の椎尾山薬王院
(しいおさんやくおういん) を歩いてきました。
奈良時代の延暦元年に開山されたという椎尾山薬王院は、天台宗の
古刹で、静かに樹木の緑に溶け込んでいます。

仁王門には、仁王像とともに風神・雷神像が祀られています。
脇には、「生命安全・無事故無違反の人生・家内安全」と書かれた大きな
草履が、奉納されています。
1仁王門

常緑樹に囲まれた森の中で、江戸時代中期の建物という三重塔が
凛とした姿を見せています。
2三重塔

三重塔の脇には御神木でしょうか、樹齢500年ともいわれる
スダジイの巨樹です。
3三重塔とスダジイ

本堂の先には、筑波山が見えます。
ここからは、筑波山までの登山道が整備されています。
4本堂から筑波山

薬王院境内周辺には、ブナ科のスダジイが群生しています。
推定年齢300~500年といわれる巨木が多く、スダジイ樹叢の
北限になるようです。
5スダジイ

スダジイは、成長すると樹皮に縦の裂け目が入る特徴があります。
これほどの巨木になると、板根 (ばんこん) と呼ばれる根が発達します。
板根は、根が土の中に伸ばせなくなった場合、樹木自身を支えるために、
根がこのように変化し成長したものです。
6スダジイ
スポンサーサイト
17 : 58 : 58 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<安産、子育ての観音様 | ホーム | 八溝山下見>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/562-3d920ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |