スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
飯豊奥胎内の山歩き
2009 / 10 / 24 ( Sat )
飯豊連峰の北西に位置する奥胎内の大樽山と池平峰を10月16~17日の2日間歩いてきました。
大樽山は地図に登山道は書かれていませんが、結構人が歩いているようで、道ははっきりしているようです。念のため、この日は鉈とのこぎりを腰にぶら下げての登山です。

登山口となる奥胎内ヒュッテです。今夜の宿でもあり、ここに車を止めて歩き始めます。
胎内ヒュッテ

歩き始めてすぐに大樽山につながる尾根に乗ります。美しいブナ林が広がります。この辺はまだ黄葉してません。林床には日本海側に多いユキツバキの潅木です。
ブナ林

ときおりカエデの紅葉が見られます。
紅葉

しばらくアップダウンを繰り返えすと、目の前に錦秋に染まる大樽山が姿を見せてくれました。
大樽山

ブナの黄葉、カエデやヤマウルシの紅葉、ヒメコマツやユキツバキの常緑樹、落葉が進むミズナラなどです。
紅葉

一面に黄葉が広がります。
紅葉

大樽山山頂から見た飯豊連峰北部の山々です。
遠方左から杁差岳、大石山、頼母木山、地神山、門内岳そして北股岳と続きます。
6展望

三角錐の山が大石山で、そこから右下に延びる尾根が足の松尾根です。
大石山

2日目は池平峰に登りました。ここも胎内ヒュッテ前から歩き始めます。頼母木川に架かる吊り橋を渡り、すぐに尾根に取り付きます。
紅葉

奥胎内ダムの本体工事現場が見えます。
胎内ダム

池平峰山頂が見えます。ここから急登を登りきるとすぐに山頂です。
池平峰
スポンサーサイト
17 : 45 : 34 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<思い出の吾妻連峰縦走 | ホーム | 錦秋の安達太良山>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/56-4d2c4ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。