山は花盛り
2017 / 04 / 20 ( Thu )
今朝はカメラを持って、いつもの散歩コースを歩きました。
早朝の6時ごろですが、既に太陽は水平線から離れ、だいぶ明るく
なっています。

新緑の季節といわれる5月には少し早いのですが、山はすでに
モザイク状に染まっています
1ヤマザクラ

若草色のコナラ、少し濃い萌黄色はオオバヤシャブシなど、そして赤や
ピンクはヤマザクラ、そのほかカエデやシデの芽吹きが見られます。
2ヤマザクラ

スギやヒノキなどの濃い緑の中に、ヤマザクラのピンクが鮮やかです。
3ヤマザクラ

ヒメオドリコソウは、赤紫色の葉の中から、ピンク色の花を咲かせます。
笠をかぶった踊り子を思わせることから名前が付けられました。
周りに見える緑色の草は、これから花を咲かせるホソバウンランです。
4ヒメオドリコソウ

ホトケノザは、畑の雑草のように見られることもありますが、じっくり
見るとなかなか趣のある花と思います。
段々につく丸い葉の頂部に花をつけます。この丸い葉が仏様の台座に
見えることから名前が付けられました。
5ホトケノザ

この時期タチツボスミレは、あちこちの野山で見ることができます。
6タチツボスミレ

キブシは、3月ごろから咲き始めます。
山ではまだ葉や花が見られない時期に咲くこの花は、よく目立ちます。
雌株雄株が別の雌雄異株 (しゆういしゅ) と呼ばれる樹木です。
雌花雄花をじっくり観察すると、思わぬ発見があります。
7キブシ

接骨木(セッコツボク)と和名のつけられたニワトコです。
名前の由来は、骨折の治療に使ったからと言われています。
若い葉は山菜として、また薬草としても利用されているようです。
8ニワトコ

丸いブラシのような花をつけるウワミズザクラです。
花がない時期には、ほとんど知られることはありませんが、
花をつけるとよく目立ちます。
9ウワミズザクラ

これはイヌザクラのつぼみです。
ウワミズザクラとよく似た花を咲かせます。
10イヌザクラ

モミジイチゴは、木イチゴと呼んだ方が通じるようです。
モミジの葉に似ていることからつけられた名前ですが、初夏の
ころにオレンジ色の果実をつけます。
山歩きでこれを見つけると食べながら歩きます。
11モミジイチゴ

クサイチゴは、一見草のように見えることから、名前が
付けられたようです。
野生のイチゴの仲間では、花が大きくよく目立ちます。
12クサイチゴ

ニガイチゴは、果実に苦みがあることからつけられました。
食べてみると、美味しいものではありませんが、苦みがあるとは
感じられません。味覚の問題でしょうか。
13ニガイチゴ

クマイチゴです。花はこれからです。茎にはトゲが多く、
近寄りがたい感じがします。
14クマイチゴ

この時間の散歩は、野鳥の囀りが盛んです。
この日は、ヒヨドリ、ガビチョウ、カワラヒワ、ヤマガラ、シジュウカラ、
ウグイス、ホオジロ、それにキビタキやオオルリの声も聞こえました。
スポンサーサイト
18 : 40 : 44 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<北茨城で見た植物 | ホーム | 今年も盛況だったハイキング>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/558-fa572c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |