早春の花
2017 / 03 / 28 ( Tue )
今日の裏山散歩です。
山道には、オオバヤシャブシの雄花がたくさん落ちていました。
雌花が育ち、花粉を散布するとすぐに落ちるようです。
1オオバヤシャブシ

ヤブの中を見ると、シュンランも一斉に咲き始めていました。
2シュンラン

これも、早春を代表する花、ショウジョウバカマです。
日本全国の野山から高山地帯で見ることができます。
東北の山を歩き、雪の中から顔をのぞかせるこの花は感嘆ものです。
3ショウジョウバカマ

これは何の花でしょう。
昨年秋に咲いたキク科植物のコウヤボウキです。
花が終わり、タンポポのように綿毛が飛び散ったあとの総苞 (そうほう)
と呼ばれる、花を包む部分がこのように残っているのです。
4コウヤボウキ
スポンサーサイト
20 : 22 : 09 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<県境をまたいだ二つの山歩き | ホーム | 早春を探して>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/553-c7971a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |