早春を探して
2017 / 03 / 25 ( Sat )
今日は、いつもの裏山散歩にカメラ持参で出かけました。

写真は、鮎川層と呼ばれる地層で、今から約3億年近く前の古生代
ペルム紀に堆積した地層です。
砂や泥が堆積し、圧力によって岩石に変化しました。
1地層

オオバヤシャブシは、花粉をため込んだ雄花が膨らんでいます。
昨年の果実も残り、さながら2世代同居でしょうか。
あまり知られていないのですが、このオオバヤシャブシも花粉症の
原因の一つでもあります。
2オオバヤシャブシ

キブシは、全国で見られますが、樹に咲く花がほとんど見られない
この時期に咲くだけに、よく目立ちます。
3キブシ

風神山 (かぜのかみやま) 自然公園の展望台から、太平洋を望みます。
この日は、風もなく穏やかな日で海は凪でした。
コナラやヤマザクラなどの落葉広葉樹も、芽吹きの用意を
していることでしょう。
4風神山



スポンサーサイト
21 : 07 : 28 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<早春の花 | ホーム | 春近しを感じる鍋足山>>
コメント
----

この堆積岩は砥石には不向きですか?
硬すぎるのかもしれませんね。
助川砥は時々使用していますよ~
風化が進んでヒビ割れが気になりますけど。

4月には会津砥のブログが縁で関係者(興味のある人)でオフ会。
ブログを見て、かつてのその砥石工場の娘さん(おそらくご高齢でしょうが…)と、別の砥石工場のご子息が参加します。
ネットの力を改めて感じています。
元の砥石工場の敷地に私のスノコを敷いて、即席の板の間が出来ます。そこでお茶会の様なことを想定しています。
by: 山さん * 2017/03/30 08:51 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
この岩石は、おそらく変成度が低く、砥石には向かないかもしれません。

会津砥の砥石工場でオフ会ですか、採石場にも近いんでしょうね。
私も行ってみたい気があるのですが、週末でしょうか。
なにせ、4月は毎土日予定があるので。
by: yamazaru * 2017/03/30 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/552-c9531fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |