静かな市境界の山歩き
2017 / 02 / 18 ( Sat )
歩行者専用の橋としては本州一の長さという、常陸太田市の
竜神大吊橋へ行きました。
ただし、吊橋は渡らず第二駐車場からのトレッキングコース歩きです。
1トレッキングコース

すぐにスギの人工林の中の歩きとなり、傾斜を増していきます。
2スギ林

スギの落ち葉の上に、綿毛の付いた種がたくさん落ちています。
これは、ガガイモ科のキジョラン(鬼女蘭)で、渡りをする蝶で
知られるアサギマダラの食草です。
県内では時おり見られますが、茨城県の準絶滅危惧種として
レッドデータブックに記載されています。
3キジョラン

山道でフキノトウを見つけました。
4フキノトウ

「赤岩展望台」と書かれた案内板に導かれ尾根を歩くと、竜神渓谷や
竜神大吊橋を俯瞰できる絶好の展望地に行き着きます。
ここからだと、吊橋からバンジージャンプを楽しむ人たちの歓声も聞こえます。
5竜神大吊橋

常陸大宮市の諸沢集落でしょうか。多分、最奥の集落だと思います。
典型的な山間地の集落で、山の斜面を切り開き、家が建てられています。
6諸沢集落

この辺りは、男体山火山角礫岩と呼ばれる、火山岩の堆積した地層です。
集落の外れに、この火山角礫岩を削り祠が置かれている場所があります。
隣には、馬頭観音像や地蔵尊と思える菩薩像も置かれています。
集落の人たちの、心のよりどころであるのでしょうか。
7祠

トレッキングコースには、鷹取場と呼ばれる標高446mのピークがあります。
この名前のいわれは不明ですが、入口には鳥居が建てられ、ピークには
3個の祠が置かれています。地域信仰の場であったと思われます。
8鷹取場

鷹取場からは林道が開かれ、途中から山道に変わります。
山道を北の明山方面に向かうと、途中の小ピークに三等三角点の
設置された荷鞍山があります。
9荷鞍山

荷鞍山から、常陸太田市と常陸大宮市の市境界に沿って山道が
続きます。
ここは非対称山稜の続く尾根道で、西側が急斜面で切り落ちています。
今日は、このおかめ岩の少し先で引き返しました。
この道を北の明山方面に向かいます。
10おかめ岩
スポンサーサイト
20 : 11 : 16 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(4)  | page top↑
<<花こう岩に彫られた岩絵 | ホーム | 筑波山塊の小さな滝>>
コメント
----

昨年の5月頃赤岩展望台から少し歩いたら集落が見えたので戻ってしまいましたが、
あの先にもコースがあるわけですね。
11月にも行ってみましたが駐車場にさえ入れませんでした。
by: ヒマな人 * 2017/02/28 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

ヒマな人さん
駐車場に「竜神峡周遊トレッキングコース」と書かれた地図があり、そこに鷹取場まで書かれていました。
このため、集落を通り抜け、すこし舗装道路を歩いて、鷹取場まで行きました。
ついでにその先まで歩き、おかめ岩まで行ったんです。
次はおかめ岩の先に足を延ばし、明山から亀ヶ淵に下りて竜神峡に戻ろうと考えています。
あの辺面白そうなところがたくさんあります。
by: yamazaru * 2017/03/01 08:10 * URL [ 編集] | page top↑
--次々に新たなコースを紹介--

足を延ばさなくても近くに色々なコースがあり羨ましいです。
阿武隈山系は今も活発な活動域。
震災で沈んだ大地が50cm程回復したと数日前のニュースを聞きました。
山歩きと地学と歴史を織り交ぜたブログを楽しく拝読しています~!!
私もそろそろ冬眠から目覚めないと…
by: 山さん * 2017/03/02 12:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
地盤が隆起したというニュースは、最近テレビで見ました。

岩手、宮城、福島、茨城の4県の500を超える観測地点すべてで、震災時沈下した地盤が、今度は隆起しているということでした。

日本海溝に沈み込んだ太平洋プレートが引き起こした東日本大震災で、ストレスが解放されたはずなのに、再び隆起し続けているということは、気持ちの良い話じゃないですね。
南海トラフも心配です。
by: yamazaru * 2017/03/02 17:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/550-9ca6a9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |