2017 / 02 / 11 ( Sat )
茨城の自然100選を訪ねて、石岡市の鳴滝 (なるたき) を歩いてきました。
筑波山地は、筑波山の北部から続く山塊と、吾国山から難台山方面の
山塊があります。
鳴滝は、筑波山北東部の難台山から、愛宕山や鐘転山 (かねころばしやま)
に向かう尾根の中腹から流れ出る沢にある小さな滝です。

山道を上がって行くと駐車スペースがあり、そこに「滝見所」と書かれた
簡素な案内板があります。
ここから、上部の滝から沢の様子を見ることができます。
1鳴滝

「滝見所」から滝の入り口まで道路が続いています。
途中には東屋もつくられ、サクラの木も植えられています。
2東屋

地質関係のサイトによると、滝は「砂質・泥質ホルンフェルス」と
書かれています。
これは砂岩や泥岩などが堆積した地層に、高温のマグマなどが
入り込み、熱によって本来の性質が変化した岩ということです。
滝といっても水量は少なく、緩やかな岩石の斜面を滑り落ちる
滑滝 (なめたき) です。
この滝に沿って道がつくられ、手すりが取り付けられています。
3鳴滝

道を上ると、鳴滝不動尊が祀られています。
安政年間の建立とされ、昔は修験者が滝に打たれて修行。
戦争中には戦地に赴いた男たちの、残された家族がお百度参りをして
無事を祈願したとのことです。
4不動尊

滝を俯瞰します。
スギの人工林の間の小さな沢を流れています。
5鳴滝



スポンサーサイト
17 : 01 : 56 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム | 広葉樹の中のハイキング道>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/548-a46218a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |