日立アルプス初歩き
2017 / 01 / 07 ( Sat )
三が日明け恒例の、日立アルプスを歩いてきました。
私にとって、もう10年以上続く年頭最初の山行で、目的はこの正月に
体内にため込んだエタノールの放出です。

冬枯れのこの時期、ハイキング道には落葉が分厚く堆積しています。
1ハイキング道

敷き詰めたような落葉の上を、カサカサと踏みしめて歩きます。
落葉を観察すると、コナラやクヌギ、クリ、イロハモミジなどの中に
ホウノキが混じります。
2落葉

ここは、コナラやイヌシデの美林、林床にはミヤコザサが茂ります。
単調なハイキング道が続く中で、ホッとする私の好きな場所です。
3ハイキング道

高鈴山も、もうまもなくです。
葉が落ちたこの時期、木々の間からは、山頂に建てられた国土交通省の
雨量観測所が良く見えます。
4電波塔

高鈴山山頂に着きました。
山頂では15人ほどの人が、それぞれ思い思いの場所で、休憩していました。

私も朝、自分で握ってきたおにぎりの昼食をとります。
自家製の激しょっぱい梅干しと、塩漬けしたシソの葉を海苔のようにまいて
作りました。
いつもはコンビニのおにぎりですが、手製のおにぎりはなかなかのものでした。
5高鈴山山頂

山頂で短い休憩をとり、縦走を続けます。

御岩山に近づくと、たくさんの人に出会いました。
皆さん、御岩神社の参拝客で、神社からその足で御岩山に登る人がいるのです。
御岩山

道は、御岩山から神峰山を過ぎ、羽黒山に向かいます。
ここは、道をふさぐようにヤマザクラの古木です。
6ヤマザクラ

朝、家を出て7時間、小木津山自然公園に着きました。
エタノールは放出されたでしょうか。
せっかく放出したエタノールですが、エタノール不足では体が動きません。
今夜も新鮮なエタノールを吸収することになるでしょう。楽しみです。
7小木津山自然公園

今日、歩いた距離は34キロ、約7時間の山歩きでした。
map1







スポンサーサイト
20 : 32 : 24 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<日本の重要湿地に選定された千波湖 | ホーム | 渓谷の斜面には摩崖仏が>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/544-42b4aa7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |