スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
伐採跡地に侵入した植物
2016 / 12 / 12 ( Mon )
我が家の近くの山林に、鉄塔建設のために一部伐採された斜面が
あります。
今日はここを歩き、侵入植物の観察をしてきました。
伐採された森林跡地には、その環境に応じた植物が生育し始めます。
そして、時間の経過とともに植物の種や数が変化していきます。
これを植生の遷移 (せんい) と言います。
1伐採跡地

驚いたことに、タチツボスミレが咲いていました。

花が咲く仕組みはわからないことが多いようですが、花芽を形成する
プロセスに葉が異常に落葉したり、高い気温が続いたりすると、いわゆる
狂い咲き現象が起きるようです。
ツツジは狂い咲きのしやすい植物で、今年はヤマツツジの狂い咲きを、
あちこちで見かけました。
2タチツボスミレ

鮮やかな紅葉の一つに、ヤマウルシがあげられるでしょう。
羽状複葉と呼ばれる葉の付き方で、このような幼樹では葉に大きな鋸歯
(きょし) と呼ばれるギザギザがありますが、成長するにつけ鋸歯は無くなります。
3ヤマウルシ

アカメガシワは北海道を除き、国内でよくみられる樹木です。
その種子は、埋土種子 (まいどしゅし) と呼ばれ、数十年も発芽しないまま、
土の中で生き続けることができるのです。
このような伐採跡地に最初に入り込む植物は、先駆植物と言われます。
4アカメガシワ

イヌザンショウも、アカメガシワ同様に先駆植物です。
アゲハチョウなどの食草ですが、その独特の匂いは、人間にとって
好ましい匂いではありません。
5イヌザンショウ

これは、香辛料などに使われるサンショウです。
よく似た植物にイヌザンショウがあり、どちらもよく見かけます。
6サンショウ

伐採跡地には、埋土種子のほかに伐採前の植物の根などが残っています。
アオキは太陽の光が少なくても育つ陰樹ですが、このアオキは土の中に
残っていた根から育ったのでしょうか、それとも野鳥が種を運んだのでしょうか。
付近では、アオキの幼樹がたくさん見られました。
7アオキ

ここではムラサキシキブが多く、少し前まで紫色のきれいな果実をつけていました。
8ムラサキシキブ

ヤマコウバシはクスノキ科の植物で、落葉樹に分類されていますが、ほかの
落葉樹が葉を落とした春になっても、枯葉の状態で枝についたままです。
普通落葉樹は、秋になると葉の老化が進み、離層と呼ばれる細胞をつくり
落葉しますが、ヤマコウバシは離層ができません。
このため、強い風など、外部からの力で落葉するようです。
また、ヤマコウバシは、雌株と雄株が異なる雌雄異株です。
しかし、日本に生育するヤマコウバシは、雌株しかありません。
雄株がなく雌株だけで花を咲かせ、果実ができる不思議な植物なのです。
9ヤマコウバシ












スポンサーサイト
14 : 14 : 57 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<採石山地に平安時代の寺院 | ホーム | 公園は冬模様>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/539-1285a203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。