スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
初めてのヨグソミネバリ
2016 / 11 / 05 ( Sat )
森林インストラクター仲間との観察会で、八溝山を歩きました。
中腹にある日輪寺から歩き始めます。

森に入ると、まだ紅葉には少し早いように見えますが、ハウチワカエデが
ひときわ鮮やかな紅葉を見せていました。
2ハウチワカエデ

この木なんの木か、しばしみんなで悩みました。
白っぽい樹肌がイヌザクラに似ていると感じましたが、高木性の樹木は
葉が落ちて確認しようがありません。
一人が、樹皮を少し削り匂いからミズメであることを確認しました。
ミズメは、別名ヨグソミネバリといい、枝や樹皮に鎮痛消炎剤に使われる
サロメチールに似た匂いがあります。
3ミズメ

林内の倒木に、キノコがびっしりとついていました。
これはヌメリスギタケモドキで、おいしい食菌です。
4ヌメリスギタケモドキ



スポンサーサイト
20 : 50 : 49 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<かつては御留山として保護された山 | ホーム | 海底火山の噴火でできた滝>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/529-fe6c794e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。