海底火山の噴火でできた滝
2016 / 11 / 03 ( Thu )
茨城の自然100選を訪ねて、茨城県を代表する観光地でもある
袋田の滝へ行ってきました。
町営の駐車場に車を停め、歩き始めます。
袋田の滝から流れ込む橋を渡ると、正面にどっしりとした山容の
生瀬富士が見えます。
1生瀬富士

右手には、二つのピークを持つ月居山が見えます。
左側のピークは月居山前山、右側が月居山です
中腹には、月居観音堂が祀られています。
2月居山

滝に向かう道筋には、土産物店や食堂などが立ち並びます。
3お土産店

茨城県では、「県北アート」と銘打った茨城県北芸術祭が、9月から
11月までの約2ケ月間、開かれています。
ここ袋田の滝も、作品の展示エリアとなっています。
滝に向かうトンネル内の天井には、なにやらアクリルのチューブの
ようなものが取り付けられています。
チューブの中では、光がうねるように変化しています。
説明によると、滝や川の流れをモチーフとしている、とのことです。
4県北アート

袋田の滝は、1500万年前の海底火山の噴火によってできた地形です。
水が四段に流れ落ちることから、四度の滝ともいわれています。
5袋田の滝

平成20年に設置された新観爆台からの展望です。
旧観爆台からは袋田の滝を正面に見ますが、ここからは滝を俯瞰する
ように、周りの広葉樹の森とともに素晴らしい景観を見せてくれます。
6袋田の滝

滝のすぐ下流には、大きな丸い石がごろごろとしています。
この石は、男体山火山角礫岩 (かくれきがん) と呼ばれ、
海底火山から噴出したものが固まったものです。
7角礫岩

袋田の滝から下流に架かる吊橋を渡り、自然観察路を歩きます。
斜面につくられた道は、月居山ハイキングコースでもあります。
袋田の滝の上流には、生瀬の滝が見えます。
8生瀬の滝
スポンサーサイト
20 : 07 : 37 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<初めてのヨグソミネバリ | ホーム | 朝の目覚めはこのロッジで>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/528-3164c074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |