彼岸花咲く地を訪ねて
2016 / 09 / 25 ( Sun )
今日は、シモンさんたちとの山行で、城里町から栃木県茂木町方面に
向かいました。
今回は探検山行というより、シーズンを迎えた彼岸花観賞をメイン
とした観光です。

東茨城郡城里町孫根地区の集落から外れた山の斜面に、古びた
お堂が建てられています。
周囲にはたくさんの彼岸花が見られました。

ここに、町指定文化財である壁面観世音像があります。
1観音堂

写真ではわかりにくいかもしれませんが、左に観音像が見られます。
これは、平安時代の僧、徳一大師 (とくいつだいし) の作といわれ、
岩穴に刻んだ11面観世音像ということです。

案内板には、「いざ開眼というとき鶏が夜明けを告げ、一夜のうちに刻む
という念願が達成できず、つい未完成に終わったものである。
そのためこの地では鶏を飼わないという」というようなことが、書かれています。
2壁面観世音像

このあと、茂木町に向かいました。
栃木県の一等三角点の山、松倉山です。
3松倉山

松倉山は、観音堂が建てられていることで、知られているようです。
平安時代初期の大同年間の創立といわれ、ここには5体の仏像が
祀られているとのことです。
なかなか立派な寺院建築で、こんな山の中に、と驚ろきました。
4観音堂

茂木町には景勝地、木須川の洞門があります。

那珂川の支流である木須川の流れは、かつては大きく蛇行していました。
この付近は那珂川に近く、本流が氾濫すると、逆流して木須川に流れ
込み、大きな被害をもたらしたようです。
このため蛇行していた河川の流れを変えるため、この洞門が掘られたのです。
5洞門

茂木町の城山公園に移動しました。
ここでは、「彼岸花まつり」と、「もてぎ里山アートフェア」なるイベントが
開かれ、たくさんの人で賑わっていました。
鎌倉時代には茂木城が築かれていた小高い丘の斜面には、一面に
彼岸花が見られます。
6城山

ちょうど見ごろの、深紅の彼岸花です。
7城山

中には、黄色や白の彼岸花も見られました。
8城山

茂木城跡に建てられた「城山公園姫の望楼」と名付けられた展望台からは、
茂木町の中心部が見えます。
山並みの先に見えるのは、その名も芳賀富士です。
日本最高峰の富士山と見間違うほどです。
9芳賀富士
スポンサーサイト
19 : 06 : 13 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(6)  | page top↑
<<茨城のブナ帯歩き | ホーム | 今年もお月見>>
コメント
----

県外の名所旧跡に目が行きがちですが、県内にも目を見張る所が多くありますね!!
ヒガンバナから紅葉に向う今日この頃です。
角楢小屋周辺も大分秋めいていました。
マイタケはナラ枯れで散々です。
ナメコはこれからですので期待しています。

会津砥」の砥石山に先日ついに到着できました。今回は元鉱山夫の人に現地を案内していただいたのです。
坑道などは無く、露天掘りであったそうです。良さそうな所にハッパをかけて原石を谷に落としていたそうです。そのため山が荒れ地元では苦情が多かった。丁度その頃人造砥石の性能に押され斜陽になった砥石産業は閉業になったそうです。昭和40年ころの話です。

なんとなく一件落着した感じです。
お蔭様で岩石に対する知識が少しは増した感じです。
山猿さんにもいろいろお世話になりました。
by: 山さん * 2016/10/02 08:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

マイタケは、シイタケやナメコなどと同じ木材腐朽菌という種類のキノコで、弱った木や枯れた木につくキノコです。
このため、ナラ枯れの生じた木にはマイタケは発生しやすいかなと思っていたのですが、だめですか。

会津砥は、火山灰由来の凝灰岩なのでしょうか。助川砥と同じように露天掘りだったようで、比較的簡単に採掘できたのでしょう。
今の、人造砥石はよくできているようですね。
しかし、それを扱うプロのような人には、人造では物足りないところがあるのでしょうか。
by: * 2016/10/02 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

ヒガンバナは異常気象の年でも律儀に彼岸に咲くのが不思議ですね。

雨巻山に行ったときに麓の集落から遠くに霞んだ富士山が見えたのですが、
よーく考えたら方向がまるで違う芳賀富士でした。
ご当地富士の中でも整った形の富士山です。
by: ヒマな人 * 2016/10/06 18:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

ヒマな人さん
ヒガンバナは、不思議な植物なんです。
というのは、ヒガンバナは花が咲いても種ができない。
このため、種子植物であっても種から増えることはないのです。
では、どのように増えるのかというと球根で増えるのですが、この球根は日本中のヒガンバナすべては同じDNAなんです。
つまり、日本のヒガンバナはすべてクローンです。
なぜこのようなことが起きるのかは、いまだわかってないようです。
by: * 2016/10/06 20:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ヒガンバナは球根で増える
当家では今年からいきなり開花しました。
球根を植えた覚えもないので野鳥が種を運んできたのだろうと軽く考えていました。
種はできないんですね。不思議です。

余談ですが、昨年山芋の蔓を発見。
今年もむかごが10個採れました。
これは野鳥の恩恵でしょう。
by: ヒマな人 * 2016/10/08 11:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

ヒマな人さんのお宅では、今年になって初めてヒガンバナが咲いたのですね。
私の家でも、数年前に突然咲き始めました。
もちろん、球根を植えたわけではないんです。
山芋のむかごは、私は山を歩きながら見つけたら、そのままがりがり食べます。自然薯そのものです。
人間が食べてもおいしいものだから、鳥や小動物も食べるのでしょうね。
by: * 2016/10/08 21:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/523-201284db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |