いよいよ秋の花が
2016 / 09 / 04 ( Sun )
巨石や奇岩の山として知られる、竪破山を歩いてきました。
竪破山は、山頂部付近はブナなどの落葉広葉樹林ですが、中腹は
スギやヒノキの人工林が広がり、植物の多様性は多くありません。
時節柄、キク科の植物が多く見られました。
1入口

カシワバハグマ (柏葉白熊) は、その和名の通り、葉がカシワに似て
いるとのことで、つけられたようです。
ハグマ (白熊) とは、チベットの高原に住むウシの仲間であるヤクの
白い尾の毛のことです。
2カシワバハグマ

オクモミジハグマ (奥紅葉白熊) は、葉の形がモミジに似ているとの
ことで名付けられました。
また、西日本にはオクモミジハグマに比べ、葉の切れ込みが深い、
モミジハグマが見られます。
3オクモミジハグマ

オヤリハグマ (御槍白熊) は、茨城県のレッドデータブックに記載されて
いる植物ですが、ここではよく見られます。
オヤリ (御槍) は、葉が3裂したようすを、槍先に見立てたものです。
4オヤリハグマ

キッコウハグマ (亀甲白熊) は、ハグマの仲間ではかなり小さく、5角形の
葉を亀の甲羅に見立てたものです。
5キッコウハグマ

沢沿いの道には、ツリフネソウ (釣船草) が群生していました。
和名は、花の形とつき方が帆掛け舟を吊り下げたように見えることに
由来します。
谷沿いなどの、半日陰の湿った場所に生育します。
6ツリフネソウ

キツリフネ (黄釣船) も、ツリフネソウに混じって咲いていました。
7キツリフネ
この山は、8月半ばにも歩いています。
今回は、東京の旅行会社から依頼を受け、10月に予定されている
「奇岩連なる竪破山散策バスツアー」 のガイドを引き受けており、
このためのルート調査が主な目的でした。
スポンサーサイト
17 : 16 : 02 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(3)  | page top↑
<<初見参の黄色い花 | ホーム | 筑波山で秋の花>>
コメント
----

竪破山は魅力のある山です。
大きな岩がバッサリ切り割ったような物がゴロゴロ。

阿武隈山脈や東北地方のお勉強も多少進みました。
私の壁であったのは2000万年あたりから今の形に現れたということと、何億年ということを混同していたことです。
何億年というのは大陸近くで未だ形が分からないような状態であったということ。

大陸から離れ始めても何度も海の底に沈んだり、島になったりしながら地層が重なり、噴火でそれを覆いながら更なる地層が重なったということ。

砥石(凝灰岩)を勉強していくうちに、おぼろげに見えてきたような気がします。

それにしても山猿さんのブログが大変参考になっています。
ありがとうございます。
by: 山さん * 2016/09/09 19:23 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さんの壁というのは、おそらく多くの人が突き当たる壁だと思います。
私もそうでしたが、これはいつ頃の地層とか、いつ頃の化石といわれてもその先に考えが至らない。
日本で自給できる石灰岩や、過去に採掘された石炭や銅、砥石など、すべてその場でできたものと納得しているのです。
実際は、今ある場所ではなくはるか以前に別の場所でできたものですね。
これがプレートと呼ばれるものに乗って移動し、地殻変動で隆起したり、沈降したり、あるいはこれらを繰り返して地上に現れたものです。
興味、疑問が次々に湧いてくるのですが、時間がありません。
by: yamazaru * 2016/09/12 11:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

そのとおりですね。
大陸の縁にあったミミズみたいな付加帯が、大陸から離れ始めたのが2000万年前ごろとかで、それから日本海が広がり島弧が形造られたとのことです。

私の頭の中は今の日本列島の形で5億年前に恐竜が住み、アンモナイトが住んで化石になったイメージでした。
今の形になったのは200万年前くらいからこっちのことなのでしょうか。
というよりも数十万年位で、現風景は数万年前からかも知れません。
化石年代から知れる岩石史と火山活動や隆起・沈降をゴチャゴチャに考えるから分からないのでしょうね。
漫才師ではありませんが、考えると眠れなくなります。
明日は再度奥会津に行き、溶結凝灰岩を探してみます。
今回は地元の人とのつながりらしきものが出来たので、元鉱山夫さんにお話を伺い再挑戦です。
by: 山さん * 2016/09/14 08:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/518-562521a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |