海底火山溶岩の上に建つ本殿
2016 / 08 / 24 ( Wed )
常陸太田市内を流れる山田川は、久慈川に合流し太平洋に注ぎます。
この山田川を挟み、西側に西金砂神社、東側には東金砂神社があります。
この東西の金砂神社は、72年ごとに開催される金砂神社磯出大祭礼
(かなさじんじゃいそでたいさいれい) が知られています。
1西金砂神社

鳥居の前には、茨城県の天然記念物に指定されている
樹齢740年と言われるサワラの木があります。
サワラはヒノキ科の針葉樹で、材が水に強いことから
桶などに加工されてきました。しかし今はプラスチックに
取って代わり、あまり利用されなくなったようです。
2サワラ

サワラのすぐ隣には、これも県指定天然記念物のイチョウ
の古木があります。このイチョウも樹齢740年と言われています。
3イチョウ

参道には、スギやスダジイなどの常緑樹と、イヌブナなどの広葉樹が
茂る混交林となっています。
4参道

山頂付近は、男体山火山角礫岩 (なんたいさんかざんかくれきがん)
呼ばれる硬い岩が露出しています。
今から約1500万年前の海底火山噴火により噴出した溶岩が、
海水で冷やされてできたものです。
5角礫岩

本殿は、男体山火山角礫岩の上に建てられています。
西側は、覗くのも怖いような垂直な崖になっています。
6本殿
スポンサーサイト
17 : 17 : 30 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(8)  | page top↑
<<筑波山で秋の花 | ホーム | 気高いレンゲショウマ>>
コメント
----

今年になって県北部に熊の被害や目撃報告が数件あったようですが、
シャレで購入した熊鈴が意義を持ってくるとは予想すらしてませんでした。
東西金砂神社周辺も森が深いので遭遇する可能性もありますね。
by: ヒマな人 * 2016/08/25 05:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

台風の発生が遅いと言っていましたが、ここにきて発生した台風が本土襲来。
今も10号の動きが不気味です。

相変わらず精力的に行動しているのに驚いています。無理をすると古傷(生傷か)が痛みますよ~。

会津砥の鉱山跡が概ね見当が付きました。近いうちに機会を作り見学してきます。
前回は砥石山近くの河原で転石を拾ってきましたが、次回はその原石を見てきましょう。作業員の多くが塵肺で早逝されたと聞きますので、私流の供養もしてきます。
by: 山さん * 2016/08/25 09:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

ヒマな人さん
今年は県北で熊の目撃情報が多いですね。常陸太田市や日立市では高鈴山付近や竪破山などでも、遭遇したという情報が入っています。また数日前には北茨城の和尚山でも目撃情報があります。
高鈴山付近で出会ったという人は、ハイキング道で子熊らしき動物を2匹見たと話しているようです。
私はほんとかな?、見間違いではと思っているのですが。
常陸太田市の養蜂所や和尚山では、熊による樹木への引っ掻き傷や体毛が見つかっているので、熊が現れたのは間違いないでしょう。
写真などの情報があれば、県内の山歩きも警戒心がわいてくるでしょうか。いずれにしろ、東北や一部で見られる熊が身近に感じられるようになりましね。
by: yamazaru * 2016/08/25 11:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
台風10号は、速度は今のところだいぶゆっくりのようです。
気圧も低く、大型であり近づくようでは心配です。

会津砥は火山灰起源の凝灰岩のようですね。
泥岩起源の助川青砥との違いはいかがなのでしょうか。
二つ並べて使い込んでも、私にはわからない世界のような気がします。
その道を極めつつある山さんでは、どうなんでしょうか。
by: yamazaru * 2016/08/25 12:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

台風10号の動きが心配です。
・新しい焚火台
今までの七輪が老朽化したので新しいのに買い換えました。
ホームセンターで品定めしているときに、ブリキ製のが目につきました。値段は2千円位で同額。
これを試してみました。中々グーです。
心配はコークスを使用した鍛冶仕事には不向きな事でしょう。熱で溶けだしてしまうでしょうから。
異形鉄筋の三又が大いに活躍しています。大石小屋にも1セットデポしてありますので御試用してみてください。

・福島県の砥石山
調べたら何か所も有ったようです。
凝灰岩の分布が広く、各地区に砥石山が有り、生産していたようです。
中でも会津砥という南会津町のが比較的柔らかで品質が良かったそうです。
やっと砥石山が特定できたので、そのうち出かけてみます。林道からチョット入った辺りの様で交通の便が良さそうです。
那珂川の源流の深山ダムの福島県側、栗生地区にも有ったそうですので、よく観察すれば栗生峠周辺でも見つかるかも知れません。
いずれにしても台風の通過状況を見てから決断します。
岩石の知識が山猿さんのように無いので、行き当たりばったりで行ってみます。
by: 山さん * 2016/08/28 12:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
ブリキ製の焚火台で、鍛冶仕事とは、いよいよ刀鍛冶でもやるのでしょうか。
異形鉄筋の三又は自作ですか。
コンクリート構造物に使うものでこれは頑丈でしょう。
ブナの倒木でどんどん燃やしても、変形はないでしょうね。

私の岩石の知識などは、ほとんどないと同じです。
ただ興味はあり、勉強していますが、岩石を知るためには種類やどのようにしてできたか、それを知るためにも日本列島の形成、それ以前の地球の構造など次々に疑問がわいてきます。
そういうことを調べているとなかなか岩石にはいきつきません。
まあ、私にとって生涯学習の一つなので、気長に続けようと思っています。

福島で気に入った石が見つかるといいですね。
by: yamazaru * 2016/08/28 19:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

地球の歴史が46億年と聞きますが、日本列島の誕生は古く見積もっても2~3千万年とか。
いま目にする日本の風景は数百万年前頃から形成されたのでしょうか?
私が日ごろ目にする下総台地は10数万年前に隆起してできたとか。

地球の変化は微々たるもの」と思うこともできますが、10万年くらいの時間でこうなってしまうことが、私には想像できません。

日本で一番古い地層といわれている日立市界隈でも、5億年とかと山猿さんのブログで拝見しています。その頃の日立は海底で、その後隆起したものでしょうが、阿武隈山地が海面に頭を出したのはいつ頃なのでしょうか?

助川砥も会津砥も海底に堆積した泥や火山灰が高圧や高熱の影響で変質した岩石。私の時間軸とはどうしても合いません。
南会津町内でも数か所のかつての砥石山が有り、それぞれ同じ凝灰岩でも微妙に異なり、砥石としての良し悪しが有ったと聞きます。
この話をきっかけにして、この地域の岩のサンプルを採集しようと考えているところです。(私の場合、砥石がベース。岩質は分からないので、刃物を研いだ感触から区分)
何か分かったら小屋の肴にしましょうか・
by: 山さん * 2016/08/29 11:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
日本列島の誕生は、どの時期をいうのか今一つはっきりしないところがあります。日本で発見された最古の地層は、古生代カンブリア紀の5億3300万年前のもので、これは日立市にあります。
独立行政法人海洋研究開発機構と東京大学の共同発表です。
この頃は、まだ日本列島はありません。
1億8000年前になると、やがて中国大陸となる東の縁に、日本の半分が生まれ、9000万年前にもう半分が衝突しました。
この衝突してできた断層が中央構造線です。
やがて大陸との間に日本海が生まれ、これが拡大して日本は大陸から分離しました。

日本列島の誕生は、平朝彦が書いた「日本列島の誕生」に書かれています。
by: yamazaru * 2016/08/31 17:32 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/514-be9f5480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |