雲上の大朝日岳
2016 / 07 / 08 ( Fri )
山仲間4人で、朝日連峰大朝日岳を歩いてきました。
登山ルートは、一日目は古寺鉱泉から古寺山→小朝日岳→大朝日
小屋泊、2日目は、大朝日岳→小朝日岳→鳥原山→古寺鉱泉へ戻る
周回コースです。
1登山口

古寺鉱泉脇を通り抜け、急斜面につけられたつづら折りの道を登ると、
すぐに尾根にとりつきます。
ブナの道には高山植物が現れました。
ハクサンチドリです。
2ハクサンチドリ

草の生い茂る中に、ミヤマカラマツが咲いています。
群生ではなく、ぽつりぽつりという感じです。
3ミヤマカラマツ

モミジカラマツも見えます。
ミヤマカラマツと混生しているのもあります。
4モミジカラマツ

鮮やかな黄色の花弁を持つニッコウキスゲは、緑の草の中で映え、
遠くからでも目につきます。
5ニッコウキスゲ

ミヤマトウキは、大きいのから小さいのまでたくさん見られました。
葉を揉んで匂いをかぐと、まるで野菜のセロリです。

登山道は高度を上げるにつれ、風が強く霧雨となり、ガスも湧き
上がってきました。
カメラをザックにしまい、大朝日小屋に向かいます。
6ミヤマトウキ

この日の大朝日小屋は、私たち4人と、北海道から来たという中高年
女性7人のグループで、登山ガイドの長谷川さんが案内してきました。
これからのハイシーズンには大混雑する小屋も、この日は貸し切り
状態です。
この夜は、小屋番である地元の西川山岳会所属の阿部さんと酒を
酌み交わし、情報交換しながら楽しいひと時を過ごしました。

明け方近く、小屋をたたくような強い風の音で目が覚めました。
しかし、それも陽が昇ってくると風も静まり、小屋から外に出ると最高
の山岳展望が開けています。
北方面には、左から鳥海山、その右に月山です。
7鳥海月山

東方面には、蔵王連峰が見えます。
8蔵王連峰

南東には、吾妻連峰。
9吾妻連峰

そして、南には飯豊連峰です。
10飯豊連峰

朝食を済ませ、大朝日岳に向かいました。
森林限界を過ぎた登山道には、たくさんの花が見られます。
ゴゼンタチバナです。
11ゴゼンタチバナ

オノエランは、純白の可愛らしい花をつけています。
12オノエラン

この時期、平地ではシモツケを見ることができますが、これは
高山性のマルバシモツケです。
ここ朝日連峰では、あちこちで見ることができます。
13マルバシモツケ

アカモノは別名イワハゼとも言いますが、花が終わると真っ赤な
果実をつけます。
登山道でこの実を見つけると、食べながら歩きますが、甘酸っぱい
味が、疲れを癒してくれます。
14アカモノ

イワギキョウは、高山帯の山でよく見られます。
15イワギキョウ

コイワカガミも、よく見られます。
16コイワカガミ

ウラジロヨウラクです。
ここでは、よく似た花のベニサラサドウダンも見られました。
17ウラジロヨウラク

大朝日岳下りからの展望です。大朝日小屋が見えます。
18大朝日小屋

ヒナウスユキソウは、別名ミヤマウスユキソウとも呼ばれます。
この仲間では、日本のエーデルワイスと言われる、ハヤチネウスユキソウ
が良く知られています。
19ヒナウスユキソウ

ネバリノギランは、その名が示す通り茎が粘ります。
20ネバリノギラン

ヒメサユリは、東北の山を代表する花でしょう。
この辺りでは、群生して咲いていました。
21ヒメサユリ

薄いピンク色の可愛らしいヒメサユリは、登山者に人気の花です。
22ヒメサユリ

これも淡いピンク色のハクサンシャクナゲです。
23ハクサンシャクナゲ

大朝日岳から小朝日岳に向かう途中に、銀玉水と呼ばれる水場が
あります。この水は年中枯れることがなく、水量も豊かです。
左手には、黄色いシナノキンバイが咲いていました。
24シナノキンバイと銀玉水

これも高山植物の名花でしょう。シラネアオイは各地で減少している
ようですが、ここでは植生保護によって若い葉がたくさん育っていました。
近い将来、群生したシラネアオイが見られることでしょう。
25シラネアオイ

振り返ると、大朝日岳がきれいです。
26大朝日岳

ヨツバシオガマです。
27ヨツバシオガマ

ミヤマコウゾリナです。
28ミヤマコウゾリナ

ハクサンフウロは、この一輪だけ見られました。
29ハクサンフウロ

ミヤマクルマバナです。
30ミヤマクルマバナ

亜高山帯から森林帯に入るとブナが現れ、森の中の歩きとなります。
31ブナ林

登山も終盤近くなると、エゾアジサイが見られました。
この時期、日本海側の山地でよく見られるアジサイで、薄水色の
優しい花です。
32エゾアジサイ

大朝日岳からの帰路、山形自動車道の寒河江SAに入ると、サービス
エリアの建物の上に、巨大なレンズ雲が現れました。
この雲は、強風や天候が悪化する前兆といわれるようです。
33レンズ雲
スポンサーサイト
22 : 22 : 41 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<貴重な植物 | ホーム | 火山角礫岩の奥久慈男体山>>
コメント
--大朝日の人気コース--

最近の大朝日はこの古寺口が一番の人気コースの様子です。

銀玉水の黄花はシナノキンバイでしたか。
草花の先生ですね。参考にさせて貰います。
by: okusan * 2016/07/14 14:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

okusan
お久しぶりです。
晴歩雨読、見させてもらってますが、相変わらず毎日のように歩いているようですね。
素晴らしい散歩道が近くにたくさんあるので、うらやましい限りです。
by: yamazaru * 2016/07/14 17:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/507-316f109f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |