ハクサンコザクラ咲く南会津の名峰
2016 / 06 / 21 ( Tue )
前日の帝釈山、田代山に続き、会津駒ケ岳を歩いてきました。
滝沢登山口から入ると、すぐにブナ林の道となります。
1ブナ林

ブナやオオシラビソの森を抜けると展望が開け、植生が変わります。
イワイチョウ (岩銀杏) は、葉がイチョウに似ているということで
名付けられたようです。
2イワイチョウ

亜高山帯や高山帯でよく見かけるイワカガミ (岩鏡) です。
小さいものをコイワカガミと呼びますが、両者の違いは花の大きさ
だけです。
3イワカガミ

イワナシ (岩梨) はツツジ科の植物です。
薄いピンク色の花弁が、清楚な感じを受けます。
4イワナシ

今年初めてチングルマ (珍車、稚児車) を見ました。
高山植物を代表するようなバラ科の花で、羽毛のような果実をつけ、
秋には真っ赤に紅葉し、登山道を彩ります。
5チングルマ

やっと出会えました。ハクサンコザクラ (白山小桜) です。
木道歩きの中、点々と咲いていたり、群生したり。
6ハクサンコザクラ

木道のすぐわきにも。
7ハクサンコザクラ

山頂に向かう途中、振り返ると駒の小屋が見えます。
今年は積雪が少ないようで、登山道には1ヵ所だけ残雪がありました。
8小屋


登山道は、森林限界を超えたあたりから植生保護のため、
木道になり、中門岳まで続きます。
9木道

中門岳に着きました。大きな池塘がありすがすがしい場所です。
ピークはこの先にあり、木道もつながっています。
10中門岳
スポンサーサイト
20 : 09 : 58 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<火山角礫岩の奥久慈男体山 | ホーム | オサバグサ祭りに誘われて>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/505-f9d1d76e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |