オサバグサ祭りに誘われて
2016 / 06 / 20 ( Mon )
南会津の帝釈山、田代山を歩いていきました。
桧枝岐村から帝釈山の登山口である馬坂峠に向かい、林道を走ります。
ダケカンバの続く林道で鮮やかな植物を見かけました。
ラン科のサイハイラン (采配蘭) です。
1サイハイラン


沢沿いの道を走っていると、黄色い花が目に付きました。
スミレの仲間のキバナノコマノツメかな、と考え車を停めて観察すると
葉が違います。
オオイヌノフグリなどと同じ、ゴマノハグサ科のオオバミゾホオズキでした。
2オオバミゾホオズキ


ゴゼンタチバナ (御前橘) は、ミツバオウレン (三葉黄蓮) とともに、
登山道を賑わしていました。
秋には真っ赤な果実が登山道を彩るでしょうか。
3ゴゼンタチバナ


私はこの時期、この山を歩くのは初めてですが、オサバグサ (筬葉草) は、
当たり外れがあるのでしょうか。
今年はオサバ草の大群落というほどのものは見られません。
それでもオオシラビソの樹林帯の中には、純白の可憐なオサバグサが
咲き続けます。
4オサバグサ


帝釈山から田代山方面に向かうと、弘法大師堂と呼ばれる避難小屋が
あります。ここからは木道の整備された湿原となります。
ここにはタテヤマリンドウ (立山竜胆) やヒメシャクナゲ (姫石楠花) が
見られました。
このタテヤマリンドウ、日が差し込むとさっと花が開き、日が陰ると花を
閉じてしまいます。
5タテヤマリンドウ
スポンサーサイト
20 : 18 : 58 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<ハクサンコザクラ咲く南会津の名峰 | ホーム | 県北の自然探し>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/504-0cbfc27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |