海底火山堆積物の山
2016 / 06 / 11 ( Sat )
茨城の自然100選を訪ねて、久しぶりに大子町の篭岩に行ってきました。
佐中 (さちゅう) の一軒家として知られる民家前を走る、奥久慈パノラマ
ラインの駐車スペースに車を停めます。
民家脇の沢道を歩くと、すぐに不動滝があります。
1不動滝

男体山など、奥久慈の一帯を占める岩体を男体山火山角礫岩
(かくれきがん) と言います。
1500万年前に海底火山が噴火、海底で急冷し固まったものです。
鳥居の脇には大きな火山角礫岩の転石があり、その上に青銅の
不動明王が祀られています。
2角礫岩

湯沢源流です。両岸の山肌にはイワタバコの新葉がびっしりと
ついています。
8月には開花が見られるでしょう。
3湯沢源流

篭岩は、男体山火山角礫岩の岩壁が長い時間を経て風化したもので、
大小さまざまな穴が開いています。
ここは、山岳信仰の場であったのでしょうか、石仏が置かれています。
4石仏
スポンサーサイト
20 : 30 : 48 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(5)  | page top↑
<<初めての生演奏 | ホーム | ランの希少種を見つけた山歩き>>
コメント
----

同じ日に奥久慈男体山に登ってニッコウキスゲを鑑賞してきました。
山頂の祠周辺は整備されて立入禁止は解除。
途中で一緒になった二人組みの男性が籠岩から湯沢源流を下る予定だと云ってました。
yamazaruさんとすれ違ったかも。
籠岩の梯子の上にはまだ蜂の巣があるのでしょうか。
by: ヒマな人 * 2016/06/15 05:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

奥久慈男体山にニッコウキスゲが咲くのですか。
知らなかった。祠周辺の立ち入り禁止も初めて聞きました。
前回行ったのが、20年近く前ですから。
近くにこんないい山があるのに、なぜこれほど行かなかったのか不思議に思います。
二人組の男性とは行き会ってません。単独の人一人とは行き会いましたが、時間のずれがあったのでしょうか。
籠岩の梯子には上がりません。ちょっとああいうのは苦手なので、下から眺めただけです。
by: yamazaru * 2016/06/15 20:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

奥久慈男体山のニッコウキスゲは亜種だという説とかあります。
昨年は祠手前の百名山記念碑が崩壊して危険だったので虎縄で囲ってありました。
で、今回は三角点の囲い(コンクリ)が真っ二つに割れてました。
三角点が移動したかも。
by: ヒマな人 * 2016/06/16 06:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

ニッコウキスゲにも種類があるのでしょうか。
そういえばカンゾウも似たような花ですよね。
奥久慈男体山に百名山の記念碑があるのは知らなかった。
岩崎元郎が選定した新日本百名山でしょうか、それとも関東百名山と言われるものなのでしょうか。
筑波山と比べて、人も少なくいい山だと思います。
「ヒマな人」さんも結構歩かれているようですね。
by: yamazaru * 2016/06/16 07:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

>百名山
茨城百景の間違いでした。訂正します。
震災直後には立ち入り禁止になってなかったのでここ1~2年のことでしょう。
三角点も少し傾いているような感じでした。
by: ヒマな人 * 2016/06/18 07:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/501-8c5701d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |