ランの希少種を見つけた山歩き
2016 / 05 / 29 ( Sun )
県内の山を中心に、仲間とともに山歩きを実践するシモンさんに誘われ、
山歩きを楽しんできました。
今日は、野の花を観察する山行です。
1

シソ科植物の特徴である、唇形の花弁を持つタツナミソウ (立浪草) は
この時期、県内の野山でよく見られます。
これは、花の付き方や色、葉などからオカタツナミソウでしょう。
2タツナミソウ

今回は、ムヨウラン (無葉蘭) が見られるということで、楽しみにして
いました。
ムヨウランは茨城県の準絶滅危惧種に選定されているもので、森林の
伐採などで減少しています。
菌類と共生して栄養を摂る腐生植物です。
3ムヨウラン

これも、準絶滅危惧種であるジガバチソウ (似我蜂草 )です。
注意してなけらば見過ごしそうな、登山道に咲いていました。
4ジガバチソウ

テイカカズラ (定家葛) の幼樹は、薄暗い林内などでもよく見かけます。
つる植物であり、自立することができず、何かに支えられないと成長
できません。
このように光を求めて上へ上へと成長し、やっと花をつけられます。
5テイカカズラ

セッコク (石斛) は、森林の伐採、盗掘や採取などにより全国的に個体数は
激減しているようです。茨城県でも絶滅危惧種に選定されています。
6セッコク

今回は、貴重なラン科植物をいくつか見ることができました。
このサイハイラン (采配蘭) は、山中で時折見ることができますが、決して
個体数が多いものではありません。レッドデータブックに記載されないよう、
守っていきたい植物です。
7サイハイラン
スポンサーサイト
21 : 39 : 23 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<海底火山堆積物の山 | ホーム | お花見を楽しむ山歩き>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/500-dec56b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |