ハードな飯豊連峰ルート
2009 / 08 / 23 ( Sun )
飯豊連峰を歩いてきました。今回のルートは飯豊山荘からダイグラ尾根を歩き、飯豊本山、そして御西小屋に泊まります。翌日は石転び沢を下る予定です。
ダイグラ尾根に水場はないと聞いているので、水4リッターを用意しました。

飯豊山荘天狗平に車を止め、歩き始めます。しばらくは平坦な散策路の快適な歩きです。
温身平で道は二手に分かれます。右は石転び沢方面、左はダイグラ尾根です。
今日は左のダイグラ尾根を登り、明日は石転び沢を下り、右の道に出てきます。
分岐

しばらく沢沿いの道を歩きますが、ここで沢をまたぎ、いよいよ尾根にとりつきます。この吊橋は冬季は外されます。
吊橋

尾根をふさぐようにミズナラの古木です。
登山道

急峻な登りとアップダウンを繰り返しながら、前方に休場ノ峰が見え隠れします。
休場ノ峰1

休場ノ峰まではまだまだアップダウンが続きます。
休場ノ峰2

急斜面の登りで高度をかせぎ、森林限界をすぎると展望が一気に開けます。休場ノ峰をすぎると時々、お花畑が現れます。
お花畑

苦しい道が続きますが、しばらくすると宝珠山が見え始めます。
縦走路

最後の小ピークを過ぎると、すぐ前に飯豊本山が現れます。山頂にいる登山者の姿も確認できます。
ダイグラ尾根

飯豊本山から東に頂上小屋が見えます。
縦走路2

飯豊本山山頂から、大日岳方面です。これから御西小屋に向かいます。
飯豊本山から

草付の縦走路を歩くと、前方に御西小屋が見えます。今夜はここに泊まります。
御西小屋

翌日はガスが濃く、また尾根道は強い風が吹いていました。梅花皮小屋です。
梅花皮小屋

梅花皮小屋を少し下ったところから見た石転び沢です。この時期雪渓はだいぶ後退しています。
石転び沢1

雪渓の最上部の様子です。大きな穴がのぞきます。梅花皮小屋の管理人関は、「今年はクレバスがまだできていない」と話していましたが、雪渓には1本だけ亀裂が入っていました。
石転び沢2

門内沢出会い付近から見た石転び沢です。
石転び沢3
スポンサーサイト
21 : 14 : 18 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<すばらしかった鳳凰三山 | ホーム | お墓参り>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/50-dae9b772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |