日立ふるさと文化少年団
2016 / 05 / 14 ( Sat )
「日立ふるさと文化少年団史跡巡り」のお手伝いをしてきました。
「日立ふるさと文化少年団」とは、日立市報を見ると「日立の歴史や
昔から伝えられてきたものに出会い・触れ合い・体験する」と書かれ
ており、日立市郷土博物館などで活動を行っています。

今日は、郷土博物館の田切先生とともに、助川山市民の森から金山
百体観音に向かい、助川城址公園へ戻るコースを子供たちと一緒に
歩きました。
コース上の地層や岩石などの観察ポイントでは、田切先生の解説を
聞き、岩石のサンプルを子供たちに配ります。
1田切先生解説

平成3年3月に、日立市で大規模な山火事が発生しました。
市ではこの火災跡地を、市民の森として整備しました。
そして、市民の協力を得てクヌギやコナラなどを植樹し、ドングリの
森づくりを展開しています。
「日立ふるさと文化少年団」も、今日の史跡巡りの一環として、この
地で植樹を行いました。
2植樹

植樹記念の説明板を打ち込みます。
3植樹
スポンサーサイト
18 : 47 : 14 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<お花見を楽しむ山歩き | ホーム | 十王の歴史を訪ねて>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/498-320de1dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |