御前山観察会
2016 / 04 / 30 ( Sat )
城里町の御前山を歩いてきました。
「森林インストラクターと歩く御前山観察会」と銘打った観察会には、
36人が集まりました。
ハイキングコースを東登山口から西登山口に下り、皇都川に沿って
集合場所の河川敷駐車場に戻るコースです。

トウゴクサバノオ (東国鯖の尾) は、キンポウゲ科の植物で可愛らしい
花ですが、なんせ小さな花で、標準レンズでは難しいものがあります。
1トウゴクサバノオ

カテンソウ (花点草) は、大きな鋸歯があり、光沢のある葉の中に
小さな花をつけます。
2カテンソウ

ミヤマナルコユリ (深山鳴子百合) は、ユリ科の植物で、この時期に
咲くホウチャクソウやアマドコロ、ナルコユリなどと花が似ていますが、
それぞれの特徴を知ると、容易に同定できます。
3ミヤマナルコユリ

シロバナニシキゴロモ (白花錦衣) です。
ニシキゴロモの白花の品種を呼ぶようです。
4シロバナニシキゴロモ

オオバタネツケバナ (大葉種漬花) です。
タネツケバナに比べて、大きく強そうな感じを受けます。
5オオバタネツケバナ

沢沿いの道に、タチガシワ (立柏) を見つけました。
ツンと立ち上がった茎の先に、小さな花をたくさんつけています。
6タチガシワ

ラショウモンカズラ (羅生門蔓) とは、仰々しい名前ですが、
シソ科の植物です。
7ラショウモンカズラ

皇都川沿いの道には、アブラナ科のコンロンソウ (崑崙草) が
たくさん咲いていました。
8コンロンソウ
スポンサーサイト
18 : 57 : 40 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<子供たちの遊び場 | ホーム | 山行計画>>
コメント
----

ご無沙汰していました山さんです。
昨夜山形から帰宅しました。今回は大石小屋の改築です。
お蔭様で内部はお座敷に変身しました。
障子を立てたのがその原因です。
入ってすぐと、奥に間仕切りを障子にしたのです。

次回は奥座敷大石亭でやりましょう。
by: 山さん * 2016/05/06 09:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
大石小屋改築、ご苦労様でした。
あのゼンマイ小屋がお座敷に変身したとは、ぜひ見てみたいです。
間仕切りを障子にしたのであれば、使いかっては格段に良くなったでしょうか。
6月ごろには都合をつけて、大石亭に行ってみたいものです。
お世話様でした。
by: yamazaru * 2016/05/06 17:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/492-236cbf1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |