いつものイワウチワを見に
2016 / 04 / 03 ( Sun )
ソメイヨシノも開花し、イワウチワも見ごろだろうと考え、裏山を歩きました。
すぐに見つけたのは、シュンラン (春蘭) です。
ラン科植物ですが、日当たりのよい雑木林などで、普通に見られます。
園芸種も多く、野草展ではオレンジ色のシュンランに出会い、驚きました。
1シュンラン

すぐ近くの斜面には、ミミガタテンナンショウ (耳形天南星) が咲き始め
ました。
サトイモ科の植物で、イモ状の地下茎をつけますがこれは有毒です。
2ミミガタテンナンショウ

同じ斜面には私が好きな花、ショウジョウバカマ (猩々袴) がたくさん
咲いています。ユリ科植物の単子葉植物です。
3ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマは、赤系の色が多いのですが、これは珍しい、白花の
ショウジョウバカマです。
4ショウジョウバカマ

秋から冬にかけて、真っ赤な実をつけていたミヤマシキミ (深山樒) です。
5ミヤマシキミ

お目当てのイワウチワ (岩団扇) も咲いていました。
6イワウチワ

ミヤマカタバミ (深山傍食) は、小さな花で見逃しそうですが、ここには
よく来るので、何が咲いているか知り尽くしています。
7ミヤマカタバミ

セントウソウ (仙洞草) は、カスミソウのようない小さい花をたくさんつけて
います。葉を見ると、セリ科の植物であることが分かります。
8セントウソウ

ユリワサビ (百合山葵) は、アブラナ科の植物です。大根や白菜など、
多くの野菜はアブラナ科です。
ユリワサビも山菜として利用されますが、ワサビのような辛さはありません。
9ユリワサビ

ヤマネコノメソウ (山猫の目草) です。緑色のがくの中に、黄色く見える
のが花です。
10ヤマネコノメソウ

群生しているニリンソウ (二輪草) は、多くがまだつぼみの状態です。
一部開き始めたものもありました。
11ニリンソウ

小さな沢道には、ヤブツバキの花が落ちていました。
12ヤブツバキ
スポンサーサイト
19 : 00 : 33 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(3)  | page top↑
<<再建された六角堂 | ホーム | 絶滅危惧のオキナグサ>>
コメント
----

ジジババ、マムシグサ、ヤマネコノメソウ
なども花盛り。
今日も勉強になりました。
口の悪い山仲間は「山さんは食べれる山菜やキノコには明るいが、花の名前を聞いてもわからないねぇ」などと言われる度に、「山猿さんに聞けば何でも分かるからどうぞ」と答えています。
日立のサクラ街路樹も花盛りでしょうか。
by: 山さん * 2016/04/05 08:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
日立の桜は、環境省の日本桜百選に選定されています。県内では、那珂市の静峰ふるさと公園と日立の2ケ所です。
当地では、まだ満開になっていませんが週末には、良い状態でしょうね。
無形文化財の日立風流物も見られるでしょうし、混雑するでしょうか。
私は、さくらロードレースで遊んできます。
by: yamazaru * 2016/04/05 21:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

素敵な写真見せて頂きました、ありがとうございます。
11日の筑波山の観察会、楽しんでください〜
by: K1 * 2016/04/08 20:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/483-98c96c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |