再建された六角堂
2016 / 04 / 06 ( Wed )
茨城の自然100選を訪ねて、五浦海岸を歩いてきました。
福島県との県境に接する北茨城市大津漁港は、東日本大震災では
大きな被害を受けました。
この大津漁港から北に続く、入り組んだ海岸線が五浦海岸です。
大小五つの入り江があることから、名前がついたとのことです。

大津漁港から東側に突き出た大津岬には、五浦岬公園があります。
1五浦岬公園

クロマツの多い公園には、タブノキやヤブツバキなどの常緑樹が
茂ります。
ここには、東日本大震災の展望慰霊塔が建てられています。
2五浦岬公園

ヤブツバキが色鮮やかな花をつけています。
3ヤブツバキ

ここには、「日本美術院研究所」と書かれた建物があります。
日本美術院研究所は、岡倉天心が弟子たちと共に、近代日本美術
の研究に励んだ場です。
この建物は、岡倉天心を描いた映画「天心」の撮影ロケに使用された
ものです。
4日本美術院研究所

建物の中には、横山大観や下村観山、菱田春草、木村武山などが
創作に励む様子が、再現されています。
5日本美術院研究所

波による浸食で形成された大小の入り江の、突き出た岩の上に建つ
六角堂です。
岡倉天心が自ら設計し、観瀾亭 (かんらんてい) と呼んでいました。
東日本大震災では津波により流失しましたが、茨城大学などにより、
再建されました。
6六角堂
スポンサーサイト
15 : 37 : 22 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<北茨城で自然観察 | ホーム | いつものイワウチワを見に>>
コメント
----

イズラを一度ゆっくり回りたいと思っていますが、中々実現できていません。
一度友人の結婚式で行ったことはあるのですが、素通り状態でしたので。

週末は筑波山の裏の方をハイキングしてきました。ソメイヨシノも山桜も満開状態でした。
雨引き観音は大変な賑わいでした。
外国語も飛び交い国際色豊か。
団体さんの記念撮影のシャッターなどを頼まれました。インド系かな?
ハナカイドウも満開でしたしスズランのような水仙も咲いていたので、帰宅後調べたら嘘のような本当の名前が「スズラン水仙」でびっくりしました。
by: 山さん * 2016/04/11 08:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
筑波山の裏の山とは、雨引や加波山あたりでしょうか。
私は日曜日は観察会で、真壁のつくば高原キャンプから筑波山に登ってきました。
「スズラン水仙」の名前は初めて知りましたが、私の庭にもたくさん咲いています。
by: yamazaru * 2016/04/12 07:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/482-130e55bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |