初春の兆し御岩神社
2016 / 03 / 21 ( Mon )
今日は、御岩神社から御岩山、高鈴山、そこから玉簾方面に下りて、グリーン
ふるさとラインを歩き、御岩神社に戻るという予定です。
御岩神社駐車場は、午前10時少し前という時間であり、駐車スペースはまだ
余裕がありました。

神社の楼門 (仁王門) です。
元禄元年に建立されたものですが、明治維新の神仏分離令で破壊され、
平成3年に再建されました。
1御岩神社楼門

境内には、ミズバショウが植えられています。
白い花のように見えるのは、仏炎苞 (ぶつえんほう) と呼ばれ、葉の変形した
もので、花を守っています。花は、仏炎苞の中にある棒状のものです。
2ミズバショウ

ショウジョウバカマも咲き始めました。
3ショウジョウバカマ

神域として守られた森の中は、日光が入ることはなく、林床にはジャゴケや
ヒノキゴケなどのコケ類が多く見られます。
この中に、キクザキイチゲも1輪だけ見られました。
4キクザキイチゲ

境内にたくさん見られるアズマシャクナゲのつぼみは、まだ硬いままです。
1ケ月後の4月末ごろには、周囲をピンク色に染めることでしょう。
5アズマシャクナゲ

モミジイチゴも少しづつ咲き始めました。
ヤブの中を歩くときには、鋭いトゲが行く手をふさぎますが、初夏のころに
つくオレンジ色の果実は、山歩きの美味しい楽しみです。
6モミジイチゴ

イワウチワもまだつぼみは硬いままです。この花はソメイヨシノとほぼ
同時期に咲くため、日立地方は4月上旬でしょうか。
7イワウチワ

御岩山やその先の高鈴山へのハイカーで、登山道はにぎわっています。
この日は、神奈川県からの団体さんが、にぎやかに高鈴山を目指して
いました。
8ハイキング道

御岩山山頂付近の岩場は、クライミングの練習ゲレンデとして知られて
います。
しかし、御岩神社がパワースポットとして認知度が高まるようになると、
たくさんの人が訪れるようになり、御岩山まで上る人が増えました。
遠方から車で来て神社に参拝し、地図も持たずにそのままの軽装で、
標高差200メートル以上を歩くのです。このため、道に迷う人が増え、
また、東日本大震災以降落石などの危険も高まり、危険個所への
立ち入りが制限されました。
9御岩山

高鈴山山頂です。
10高鈴山山頂

この日は、雪を蓄えた那須連山もはっきりと見ることができました。
11那須連山


oiwasan
スポンサーサイト
16 : 50 : 10 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<御岩山周辺の遺跡調査 | ホーム | 戦時中に植栽されたミツマタ>>
コメント
----

ショウジョウバカマの咲いている土手に残っているコケの生えた切り株に、
セリバオウレンが咲きますが今年はどうでしょうか。
by: ヒマな人 * 2016/03/23 17:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

そうなんですよね。
あのコケの中にセリバオウレンが咲くので、注意してみてましたが、全くなかったですね。
花期はこの時期なのですが。
by: yamazaru * 2016/03/23 18:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/477-36d1e4b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |