日立アルプス歩き初め
2016 / 01 / 16 ( Sat )
正月明け恒例の、日立アルプスを歩いてきました。
自宅から歩き始め、風神山 (かぜのかみやま) →真弓山→高鈴山
→神峰山→羽黒山→小木津山自然公園のコース約31キロです。

風神山から太平洋を望みます。
中央に、常陸那珂火力発電所の煙突が見えます。
1太平洋展望

ハイキングコースは、展望こそありませんが、年間を通して安全に
歩くことができます。
道は、スギやヒノキの人工林に、暖帯性の常緑樹、落葉広葉樹林
などが続きます。
この時期は、落ち葉が分厚く堆積しています。
2ハイキング道

林の中には、ミヤマシキミ、アオキなどの赤い果実が彩ります。
3ミヤマシキミ

コースは、ゴルフ場を通り抜けます。
4高鈴ゴルフ場

ゴルフ場からは、高鈴山の電波塔群が見え始めます。
5高鈴

ゴルフ場を過ぎると、アップダウンが多くなります。
コナラやイヌシデの林には、ミヤコザサの林床が続きます。
6ハイキング道

葉を落としたリョウブの枝の間から、高鈴山の電波塔が見え隠れします。
7高鈴

高鈴山山頂です。
ここには、一等三角点が設置されていますが、これとは別に、天測点が
置かれています。
天測点とは、天文測量のために設けられた基準点で、昭和26年から5年間、
星を観測して緯度・経度を求める測量を行いました。

随筆家である田中澄江さんの、「花の百名山」の山としても知られています。
8高鈴山

山頂には電波塔が林立していますが、この中でひと際大きな建造物が
目に付きます。これは、国土交通省が設置した「雨量観測所」です。
雨量観測所は、全国23ヶ所で広範囲に雨量を観測し、災害に備えるものです。
9電波塔

高鈴山を過ぎると、尾根上に御岩山があります。
麓には、御岩神社が建立され、近年パワースポットとして、各地から訪れる
参拝者で賑わっています。
この日も、参拝客と見られる軽装の人たちが何組も、御岩山付近にいました。
10御岩山

尾根道に立ち塞がるように、ヤマザクラの古木が生育します。
四方に枝を広げ、コケ類が付着した幹は風格を感じます。
11ヤマザクラ

小木津山自然公園に入りました。
町並みの先には、太平洋が広がります。
12小木津山
スポンサーサイト
19 : 05 : 39 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(10)  | page top↑
<<日立ジオサイトの写真撮影 | ホーム | 今年の山歩き初め>>
コメント
----

これはなかなかハードなコースですね。
何回かに分けて結果的に踏破していますが一気通貫は未だ果たせていません。
3年位前ですが長谷渓流に沿った林道を下から詰めてゆくと高鈴の17番ホール辺りに出ました。
あの辺から風神山まででもけっこうな距離です。
by: ヒマな人 * 2016/01/18 15:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

このコースは、日立アルプスとして知られています。
一般には、風神山からかみね公園に至るのですが、手前の分岐を小木津山自然公園方面に向かう道もあります。
ぜひ、一度一気通貫で歩いてみてはいかがでしょう。
今回歩いた道は、高鈴ゴルフクラブ近くになると大田方面の道が現れます。
これが長谷渓流に続く道でしょうね。
長谷渓流は2度ほど歩いてますが、まだ歩いていないゴルフ場から長谷渓流に至る道を歩いてみます。
by: yamazaru * 2016/01/18 18:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

「一気通貫」麻雀談義かと勘違いしました。
やっと冬将軍が到来で、これからはカラカラの快晴が続くことでしょうから、日立アルプス散策が良い季節ですね。
遠く日光の山並みや富士山も見えるのでしょうか。

お蔭様で竹細工の網代編みも目鼻が付きました。
取りあえず里川の真竹で作っていますが、次は高鈴山のスズダケで挑戦します。
細かい作業で目や神経を使いますが、冬の陽だまり作業には丁度良いようです。
by: 山さん * 2016/01/20 10:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

この時期は、平地からでも冠雪した日光連山や那須連山がよく見られます。
富士山はちょっと高い山に登らないと見られません。

山さんが庭先?で竹編みをしている姿が目に浮かびます。
ナイフなどの刃物の扱いにも、気を配っていることでしょう。
網代編みは、笊の底の編み方でしょうか。
by: yamazaru * 2016/01/20 20:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

高鈴山のスズダケで製作始めました。
まずはヒゴ作り。
切り出し小刀や竹割鉈で始めたのですが、思うようにいきません。
そこでビデオや動画で見たスズダケ職人の口を使用したヒゴ剝ぎ。
これに挑戦中です。刃物よりも製品の歩留まりが良いのです。
これで300本を作ります。

採取してから四つ割にしておいたスズダケを水に浸し、柔らくなった頃合いを見ての作業です。
七輪の鉄瓶のお湯でコーヒーを片手に、日向ぼっこの老人の手仕事。
他所の人はそう見ているかもしれませんが、散歩で時々通る老夫婦の奥さんが完成したら分けてほしいと何度も頼むです。
春の陽気が来るころには仕上げないとと精を出しています。
by: 山さん * 2016/01/25 09:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

ヒゴ作りとは、結構大変なようですね。
私のイメージとしては、子供のころ作った竹ヒゴを使い、障子紙のようなものを羽根に貼った飛行機を思い出します。
あの飛行機はよく作りました。
ゴムをぐるぐる回して飛ばしたものです。
今の子供たちは、あの飛行機作るような遊びはないのかもしれません。
笊を作るヒゴは、飛行機のヒゴとは違うのでしょうね。
それを300本作るとは、たいへんな作業でしょうか。
まあ、仕事もやめて時間も多少増えたでしょうから、散歩で通る奥さんの期待に、こたえなければなりませんね。
by: yamazaru * 2016/01/25 18:31 * URL [ 編集] | page top↑
--お久し振りです!--

yamazaruさん

ご無沙汰しています。
相変らず動き回っていますね。

2月になってしまいましたが今年もよろしくお願いします。

日立アルプスって31kmもあるんですか!
私、長いの好きですよ!日立までは気合入れないと行けませんが
いつか歩いてみたいですね。もちろん1dayで・・

2/20に所要があり日立駅前まで行きます。
駅前だけですがちょっとぶらぶらしてきます。

しろやぎでした!
by: しろやぎ * 2016/02/03 23:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

高鈴山からの富士山は雨量観測塔の東側辺りから見えるらしいです。
少し離れてますが常陸太田市のはたそめ団地にある展望公園から尾瀬の燧ケ岳が見えます。
ごく小さいのでカシミールで見え方をシミュレートしておくとわかりやすいです。
by: ヒマな人 * 2016/02/04 16:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

しろやぎ さん
お久しぶりです。
日立アルプスの31キロというのは、私の自宅から道路歩きを含めてです。
日立アルプスだけでは約25キロです。
しろやぎさんの庭のような筑波山から見ると、ただ距離があるだけで面白みは少ないかもしれませんが、ぜひ一度歩いてみてください。
私も今年は筑波山のすべてのルートを歩いてみようと考えています。
by: yamazaru * 2016/02/04 17:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

ヒマな人 さん
高鈴山から富士山が見えるとは、初めて聞きました。
雨量観測塔の東側ですか。
あの辺に展望が利くところがあるのは知りませんでした。
今度探してみましょう。
はたそめ団地の展望公園から燧ケ岳というのもすごいですね。
南会津地方の山に囲まれたような燧ケ岳だから、同定するのもたいへんでしょう。
by: yamazaru * 2016/02/04 17:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/470-a9227a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |