表参道からの真弓神社
2015 / 10 / 31 ( Sat )
常陸太田市真弓町の東参道から、真弓神社へ向かいました。
石灰岩の採石場脇の道を歩くと、林道に出ます。
ここに古い道標がありました。
「明治廿七年 眞弓山登口」と書かれています。
この石段を登ると、すぐに一の鳥居が建てられています。
古くから、真弓神社の参道として歩かれていたのでしょう、ここには
昔、茶店があったようです。
1眞弓山登口


右手を見ると、採石場が見えます。
旭鉱末(株) 石の倉鉱山で、石灰石の採石場です。
今日は土曜日ですが、重機が動いて操業しているようです。
ここで採掘されるのは、旭鉱末のHPによると、粘板岩に胚胎する
石灰石鉱床と書かれています。
この辺りは、古生代ペルム紀に堆積した鮎川層と呼ばれる地層で、
粘板岩や石灰岩、変成砂岩などで形成され、日立古生層とも呼ばれ
ています。
そしてここでは、寒水石と呼ばれる石灰岩が変成した、良質の大理石
が産出される地域でもあります。
2採石場

登山口から少し登ると、二の鳥居と書かれた案内板が建てられて
いますが、鳥居は倒壊しています。
3二の鳥居

樹林帯につくられた道を歩くと、一気に展望が開けます。
前方の道路は、寒水石を運ぶための運搬道でしょうか。
ここは道路を横切り、前方の岩場を歩きます。
5採石道路

すぐに、見晴台に着きました。
ここは、地元の有志の人たちによって、整備されています。
6見晴台

見晴台からは、常陸太田の町並みが俯瞰できます。
7展望

ここには、膝掛け石と名づけられた八幡太郎義家が膝を掛けたという
伝説が残る石があります。
この大きな岩塊も寒水石です。
4登山道

三の鳥居です。
この先すぐに、真弓神社の社殿が建立されています。
8鳥居

真弓神社は、大己貴命 (おおむなちのみこと) を祭った神社で、農・漁業者
に崇敬される、とのことです。
大己貴命は、古事記や日本書紀に登場する神話の神様である、大国主
(おおくにぬし) の別名です。
9真弓神社
スポンサーサイト
20 : 29 : 59 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<日本山岳協会自然保護での解説 | ホーム | 秋のジオツアー下見>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/452-f4b30640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |