山の神が住む山が公園に
2015 / 10 / 27 ( Tue )
茨城の自然100選の一つ、笠間市の柊山 (ひいらぎやま) には、水戸線
福原駅近くの関戸地区から、ハイキング道が通じています。
また、山頂近くまで林道が開かれ、車で行くこともできます。
1柊山入口

柊山は、地元の関戸地区の人たちが、松枯れで荒れた山頂を整備し、
管理しています。
もとは、山の神が住む山として、笠間市内の石工の信仰の対象だった
のです。
明治時代に山頂に碑が建てられ、草相撲が開かれ、賑わったようです。
戦後はしばらく放置されていましたが、市が山頂に公園を整備しました。
2記念碑

公園からは笠間市内や、筑波山塊が見えます。
3展望

山頂付近には、1千本のコブシが植林されています。
春には、桜と共に花見で賑わうことでしょう。
4コブシ
(探訪日 10月18日)
スポンサーサイト
21 : 57 : 27 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<秋のジオツアー下見 | ホーム | おもしろい風習の残る稲田神社>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/450-8120b921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |