常陸国風土記にも書かれた由緒ある楯縫神社
2015 / 10 / 13 ( Tue )
日本中央競馬会の東日本の調教拠点である、美浦トレーニングセンター
があることで知られる稲敷郡美浦村に、楯縫神社 (たてぬいじんじゃ)
建立されています。
1参道

うっそうとした境内は、苔むした参道が続き、両側は杉の巨木が
太陽をさえぎります。
2参道

境内は、茨城県指定自然環境保全地域に指定されています。
スダジイ、シラカシ、ヒノキなどの古木が見られ、野鳥の生息域でも
あります。
3神社の森

境内には、ヤブミョウガの花が咲いていました。
ツユクサ科の植物は、ミョウガによく似た長楕円形の葉をもち、
ヤブや竹林などによく生えるので、ヤブミョウガと名づけられました。
4ヤブミョウガ

楯縫神社の社殿です。
創建は、推古天皇の時代607年と言われています。
5楯縫神社
(探訪日 9月22日)
スポンサーサイト
21 : 24 : 15 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<素晴らしい山、瑞牆山と金峰山 | ホーム | かつては白波に洗われた不動堂>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/446-74817bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |