スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
紅葉と高層湿原の苗場山
2015 / 09 / 29 ( Tue )
新潟県と長野県の県境に位置する、苗場山を歩いてきました。
新潟県湯沢町のかぐらスキー場からの祓川 (はらいがわ) コースを
登ります.。

関越自動車道を走り、湯沢インターで降りて、かぐらスキー場に
向かいます。
山道に入ると、木々の色づきも少なく、紅葉には早い感じでした。
しかし、登山道を歩き始め、高度を上げるにつれ、緑から赤や黄色
に変わっていきます。草紅葉も始まってきました。1登山道から

登山道にはササが多く見られます。チシマザサでしょうか。
緑と赤のコントラストが見事です。
2登山道から

この時期の紅葉は、ウルシやカエデの仲間から始まります。
真っ赤な木はカエデでしょう。
3カエデの紅葉

アップダウンを繰り返した登山道は、最後の急登を登り切ると
一気に展望が開けます。
第四紀更新世と呼ばれた時代、今から数十万年前に、苗場山の
火山活動が活発になりました。
このときの溶岩流が、山頂部のなだらかな斜面を作りました。
4池塘と木道

高層湿原には、池塘が点在します。
5池塘

かつては「苗場山頂ヒュッテ」と呼ばれていたのでしょうか、現在は
改装されて「苗場山自然体験交流センター」となっています。
6山頂ヒュッテ

定員は92名で、バイオ式の水洗トイレが設置されて衛生的です。
部屋は1階と2階に分かれた大部屋ですが、カーテンで仕切ることが
でき、プライバシーもそれなりに確保できます。
7山頂ヒュッテ

ヒュッテに宿泊したハイカーが、小赤沢ルートを下山していきます。
8ハイカー

山頂の高層湿原を歩いていると、このように小さな段差を見かけます。
ここは溶岩流の末端部で、その手前の石は溶岩が転がり落ちてきた
ものです。
9溶岩

苗場山は、数十万年前に活動した成層火山です。
成層火山とは、例えば富士山のように、噴出した溶岩や火山灰が
噴火口の周りに堆積して、層を作る火山です。
今の活火山の定義としては、過去1万年以内に噴火した火山で、
苗場山は過去数十万年前の噴火であり、活火山とは認識されて
いません。
10高層湿原
スポンサーサイト
21 : 11 : 24 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<関東三大堰 | ホーム | お月見>>
コメント
--収穫の秋--

苗場山はよく耳にして一度は行ってみたいと思っていますが、未だ不実行です。
良い秋を楽しみましたね。

先日根曲がり竹を求めて那須界隈を彷徨ってきました。
良い根曲がり竹の生育地を見つけることが出来ました。
あとはスズダケの生育地を阿武隈連峰に探すことです。
御岩山もお蔭様で良いのですが、峠道で車で直接行ける所が有れば最高です。相棒のKさんが最近めっきり動きが鈍いので。
もしそのような場所を思い出したら教えてください。
by: 山さん * 2015/10/06 07:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

ここのところ一気に気温が下がりました。
飯豊からの情報では、5日には氷点下2度まで冷え込んだようです。

山も行ってみたいと思っているだけでは、すぐに行けなくなってしまいますよ。

動きが鈍い相棒はKさんとは、Tさんじゃないんですか。
県内の山地には、どこにでもササはあるのですが、これだというスズタケはなかなか見つかりません。
山さんに報告できるようなスズタケを見つけたいと、山に入ると目配りして歩いています。
by: yamazaru * 2015/10/06 14:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/438-b837cf27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。