刈払機か手鎌か
2015 / 08 / 12 ( Wed )
少しの間畑に行ってなかったのですが、その間雑草がはびこっていました。
いつも手鎌で草刈をしていますが、今年の暑さでは、作業が遅々として
進みません。

ここ数ヶ月、刈払機を買うか買わないか迷っていたのですが、やっと買う
決心をしてホームセンターに向かいました。
しばらく品定めをしているうちに、再び迷ってしまいました。

刈払機は山形県朝日連峰の登山道整備、小木津山自然公園での野鳥の
森整備、里美の人工林保育整備など、年間数回程度使っています。
これらはボランティアで、自前の刈払機を持参することはありません。
畑の雑草

刈払機を購入しても、使うのは畑と、自宅裏のわずかな草地で、年間何回
使うだろうか。
そう考えているうちに、買うのはやめようと気が変わりました。
機械に頼るのではなく、自分が汗を流せばよい話だと。
その代わり値段は高くても、品質の良い鎌を買おうと考えたのです。

購入の目安としては、安来鋼を鍛接した鍛造品で、できれば新潟三条か
信州の打刃物がいいかな、なんて素人ながら考えました。
それでこんな鎌を買いました。
1鎌

「信州打刃物工業協同組合」 と、ラベルが貼られています。
そして、安来鋼の鍛接でしょう。
3鎌

気になるのは、厚鎌と書かれていることです。
畑の草刈が主目的なので、柔らかい草が対象です。
そうなると、中厚鎌がよいのかなと考えますが、この店ではこれしかなかった
のです。
いちおう、売り場の中では一番価格が高かったのですが、なにしろホーム
センターなので、どうなんでしょうか。
自宅には2つの鎌があり、研ぎながら交互に使っていますが、低価格のもので、
切れ味は満足のいくものではありません。

畑でこの鎌を使うのが楽しみです。
2鎌


スポンサーサイト
17 : 57 : 28 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<県内最大の防砂林 | ホーム | 湧水の里ウォーキング>>
コメント
----

新品の鎌を購入したのですね。
大事に使えば一生モノです。
あとは手入れ次第。
鎌の研ぎは少し難しい。
例の助川砥石が良いですね。あれはおそらく鎌研ぎでは仕上げ用かな?
その前として荒砥が必需品です。

白亜紀の砂岩の少し柔らかめのが良いです。以前にひたちなか市の磯から適当な石を拾ってきて試しましたが、少し硬くて砥石としては不向きでした。
角楢小屋にそれを置いてあります。

二月ほど前に犬吠崎の灯台の下から砂岩を拾ってきて試したらこれは使えそうです。
巡検の折にでもどこかの柔らかく粒子のあまり大きくない砂岩を試してみてください。
研いだら錆止めとしてマシン油の湿したウエスでひと拭きすると良いですよ。

今年の草刈りで一緒した折の鎌は、当地ではヤブ刈り鎌というものです。今回購入された物と同じだと思います。研ぎ次第で草も篠竹も刈れて便利です。
by: 山さん * 2015/08/18 08:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

切れ味の良い鎌をいつでも使えるように準備しておきたいですね。
そのためには手入れでしょうか。
山さんの言うように、荒砥と中砥(仕上砥がいいのかな?)を揃えてみます。

以前、なにかで見たことがあるのですが、鎌でも包丁でも良いものを手入れをしながら大事に使い、その結果元の形の半分くらいに小さくなった刃物を見ました。
このように使いたいです。
by: yamazaru * 2015/08/18 20:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/431-fbd70705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |