残雪と高山植物の朝日連峰
2009 / 06 / 24 ( Wed )
山形県に住む白鷹山岳会の知人のお誘いを受けて、朝日連峰を歩いてきました。
ルートは朝日鉱泉から御影森山、平岩山から大朝日岳の大朝日小屋で1泊、翌日、小朝日岳から鳥原山の鳥原小屋で山開きの神事に出席し、朝日鉱泉に戻るという予定です。

朝日川に架かる吊り橋を渡ると上倉山の手前まで急登が続きます。これを登りきるとアップダウンを繰り返しながら、御影森山に着きます。

ブナの額縁から見える御影森山はもうすぐです。
御影森山

御影森山を過ぎると大朝日岳が真近かに見えはじめます。
登山道はここから左にまき、平岩山を経て大朝日岳に至ります。
大朝日1

平岩山から下るザレ場です。ここまで来ると大朝日は眼前に迫り、疲れを吹き飛ばしてくれます。草地にはお花畑が現れました。
大朝日2

大朝日岳山頂を過ぎると今夜の宴会場、大朝日小屋が見えます。前方の山は中岳です。
銘水、金玉水(きんぎょくすい)の水場は雪田の下で、利用できるのは8月からの夏山でしょうか。
大朝日3

翌日はゆっくりと山小屋をたちました。これから行く鳥原山での山開きの神事に間にあえばよいのです。あれほどたくさんの宿泊者は誰もいません。名物小屋番の大場さんとお手伝いの佐藤さんもすでに下山しています。

小朝日岳付近から青空が広がりはじめました。残雪の山と、遅い新緑のコントラストの妙が足を止めます。
大朝日4

この時期はまだたくさんの残雪があり、雪渓や雪田歩きも多く、気の抜けない歩きとなります。
大朝日5

振り返ると正面に大朝日岳が見えます。山頂から右側に稜線を辿るとコルに大朝日小屋がポツンと見えます。ここから派生する沢がガンガラ沢で、昨年末、法務省の職員の方が登山中に滑落し、いまだに行方不明となっています。
最近雪解けを待って捜索が再開されたようです。昨日もヘリコプターがこの山域に入っていました。
大朝日6

雲海から突き出て見えるのはあの名山、月山です。
大朝日7

登山道から見た素晴らしい山岳展望その1です。後ろの稜線は天狗角力取山方面でしょうか。
大朝日8

登山道から見た素晴らしい山岳展望その2です。今日下ってきた小朝日岳から大朝日岳方面です。
大朝日9

正面に樹木に囲まれた鳥原小屋がわかるでしょうか。手前の池塘にはモリアオガエルとその卵を見ることができました。
遠方の稜線が昨日歩いた道で、左手に突き出た山が御影森山です。
大朝日10
スポンサーサイト
22 : 10 : 15 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<高層湿原の苗場山 | ホーム | カッコウとレンゲツツジに癒された菅平高原>>
コメント
----

yamazaruさん、遅くなってしまいましたが、ブログ開設おめでとうございます!そして、鳥原山ではありがとうございました~!
まさかお会いできるとは思っていなかったので、すごくビックリしました!ありがとうございました。
もちろん今年も山さんの草刈り参加しますよ~。今から楽しみにしています。どうか今年もよろしくお願いします!
by: だい(佐々木) * 2009/06/28 20:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

佐々木さん
鳥原小屋での久しぶりの出会い、驚きました。
私は白鷹山岳会の鈴木さんからのお誘いで、大朝日の縦走とその後の鳥原小屋での安全祈願の神事に出席する予定でした。
しかし景色の素晴らしさに、足が進まず、鳥原小屋に着いたときには神事が終わってました。
まさかあそこで一交さんに声をかけられるとは。
早いものですね、今年も草刈時期ですね。私もあのメンバーに会えるのを楽しみにしています。
またたっぷり汗をかいて、うまい酒を飲みましょう。
by: yamazaru * 2009/06/29 19:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/43-f46849c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |