筑波連山縦走
2015 / 06 / 22 ( Mon )
以前から歩こうと考えていた筑波連山を、縦走してきました。
計画では、水戸線岩瀬駅から歩き始め、御嶽山、雨引山、燕山 (つばめさん、
つばくろさん)
、加波山、丸山から一本杉峠に下り、足尾山、きのこ山から
上曽峠 (うわそとうげ )、湯袋峠 (ゆぶくろとうげ)、そして筑波山に登り、関東鉄道
バスでJR土浦駅、そこからJRで自宅に戻る予定です。

朝の8時近く、岩瀬駅から案内板に導かれて歩きます。
1案内板

住宅地を過ぎ、山道に入るとすぐに御嶽山水行場跡が現れます。
ここには木製の樋に沢水が引かれ、流れ落ちるようになっています。
「不動の滝」とも呼ばれているそうで、滝の上には不動明王像が置かれ
ています。
2水行場跡

ここ岩瀬の御嶽神社は、御嶽信仰で知られた神社なのでしょうか。
そして、水行場は修験者が修行のための滝行を行った場なのでしょうか。
3御嶽山神社

付近の道には、アジサイなどが植栽されています。
それでも園芸種のアジサイと比較し、この時期、自生するヤマアジサイ
には惹かれるものがあります。
4ヤマアジサイ

雨引山に着きました。
ここには東屋が建てられ、休憩用のベンチなども整備されています。
この山の中腹には、坂東三十三観音霊場の第二十四番札所である
雨引観音があります。
5雨引山

雨引山から南を俯瞰します。真壁の町並みと雲に覆われた筑波山です。
6展望

多くが落葉広葉樹の森で、心地よい登山道が続きます。空模様が
気になります。時折晴れ間が覗きますが、多くが曇り空で、小雨が
降ることもあります。
7登山道

燕山です。樹林に覆われ、山頂からの展望はありません。
8燕山

加波山に来ると、社が多いのに驚きます。
ここには、加波山神社、加波山神社本宮、加波山神社親宮と呼ばれる
3つの神社があります。
もともとは一つの神社だったのですが、江戸時代に神仏混合で仏教の
寺院となり、3社に分かれ、明治政府の廃仏毀釈の影響で、この3社が
独立した神社となったのです。
写真は、加波山山頂に建てられた加波山神社本殿です。
9加波山神社

加波山事件の記念碑で「自由之魁」と、書かれています。
加波山事件とは、明治17年、自由民権運動の高まりで、栃木、茨城、
福島3県下の急進的自由党員が明治政府を転覆しようとした事件で、
加波山を拠点に、決起を呼びかけた反政府運動です。
10自由之魁

山頂付近には、花崗岩の巨石が点在しています。
11巨石

ここは、加波山山頂からわずかに下った所にある、旗立石 (はたたていし) です。
加波山事件で自由党員が「自由の魁」の旗を掲げた場所です。
12旗立石

変化に富んだ登山道が続きます。イノシシが地面を穿り返した跡が
あちこちで見られます。
写真の道は、林床にミヤコザサが茂り、その先にはヤマボウシが
咲く快適な道です。
13登山道

加波山から一本杉峠に向かう途中に丸山があり、そこに風車が
2基建てられています。
14風車

風車のすぐ近くには、花崗岩の露頭が見られました。
15花崗岩

一本杉峠に着きました。ここには桜川市と石岡市に通じる県道218号が
走っています。
しかし、この道はかなりダートな道のようで、四輪者の通行は不可能な
ようです。
16一本杉峠

一本杉峠から足尾山山頂に建立された、足尾神社奥宮です。
17足尾神社

足尾山からきのこ山に向かうと、上空ハングライダーが飛び交っています。
このあたりは、ハングライダーの離陸基地があります。
18ハングライダー

きのこ山です。
おもしろいネーミングだな、と前々から思っていたのですが、ここにある
案内板で納得しました。
ここには 「この山は、昔から誰いうともなく「きのこ山」と呼ばれており、
地ぶくれ状の山頂一帯は、コナラ等の落葉樹が多く、きのこの生育環境に
適しています。食用きのこの種類も多く、千本シメジ・一本シメジ・大黒
シメジ・カキシメジなど9月下旬から11月上旬にかけて採取することが
できます。 環境庁・茨城県」 と書かれています。
しかし、イッポンシメジは茨城では、食用きのこであるウラベニホテイシメジ
を言うのですが、本来のイッポンシメジは毒キノコです。また、カキシメジも
毒キノコです。
19きのこ山

きのこ山を過ぎると、午後2時前ですが、モチベーションが下がってきました。
今日は筑波山には登らず、この先の峠から林道を真壁に向かおうか、という
気持ちが支配し始めました。
これまで十分な汗をかき、頭の中で冷たい生ビールがちらつきます。
上曽峠で下りるか、湯袋峠まで行き、そこから下りるか、迷いながら湯袋峠
に着きました。ここから真壁まで県道を歩きます。

実は、真壁に行けばバスが土浦方面に出ているだろうと、調べもしないで
安易に考えていたのです。
ところがバス路線は廃止されていて、結局、筑波山口から18時近いバスに
乗る羽目になってしまいました。
やはり最初の計画通り筑波山に登っていればと、反省しきりの結果となり、
リベンジを誓っています。

筑波連山
スポンサーサイト
21 : 46 : 37 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(4)  | page top↑
<<俳句の細道 | ホーム | 地元の人々が残した美林>>
コメント
----

真壁を公共交通利用をしたいというのは苦労するのですね。
今しがた検索したら、東京方面からは下館まで電車。そこからタクシーというガイドでした。

車で岩瀬に行くなら、真壁辺りに自転車をデポした方が便利のようですね。
水戸線で岩瀬に行き、縦走後戻るのは「しろやぎさん」のようにリンリン道路を歩いて戻ることですか!!

東北北部まで梅雨に入ったようです。
私も足腰を鍛えねばと思いつつ、本格的に鍛えるのに腰が引けていますが、これからザックに石を詰めて階段を上ります。
by: 山さん * 2015/06/27 13:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
車で行くということは、考えもしなかったです。これ、いい方法ですね。
真壁か、あるいは筑波山神社にでも車をデポして、岩瀬から歩けば、戻りの20キロくらいのりんりんロードは、自転車では苦にならないでしょうか。
by: yamazaru * 2015/06/27 17:12 * URL [ 編集] | page top↑
--この時期の縦走はきついでしょうね--

お疲れ様でした。この時期の筑波縦走はかなりきついでしょうね。

私たちはせいぜい4月までのコースです。今年は1月に歩いただけ

で山桜の時期にも歩きませんでした。歩こうという誘いもなくなって

きたのは仲間みんなが年をとってきたからかと、ちょっと淋しい思い

も感じています。ま、それなりの歩きができれば良しということでしょうか。
by: m.hosoya * 2015/06/29 20:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

m.hosoyaさん
4月まで言っても、続けられているようですね。
それだけでもすごいことだと思います。
日立アルプスと比べても、ハードな縦走ですね。

hosoyaさんがおっしゃるように、年々加齢と共に体力、気力が衰えてきますね。それは仕方がないことでしょうが、淋しい思いはありますね。

今年は「つくば100」を開催することができず、申し訳ありませんでした。
また、ご夫婦ともお会いしたいです。
by: yamazaru * 2015/06/29 21:20 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/423-739937e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |