金山百体観音への道
2015 / 05 / 06 ( Wed )
日立市の高鈴山へのハイキング道はいくつかありますが、このうち
助川山市民の森方面から山頂に向かう道には、途中に「金山百体
観音」と呼ばれ、石仏が置かれた場所があります。
この「金山百体観音」は、民家からは結構離れていますが、石仏の
周りはいつでもきれいに、掃き清められています。
誰が掃除をしているのだろうと考え、調べてみると、日立市助川町
の金山(かなやま) にお住まいの西野さんという方が、手入れをされて
いるようです。
と言うことは、金山から「金山百体観音」に行く道があるはずだ、と
以前から考えていました。
今日は、自宅から数沢川沿いの道を歩き、源流に近い最奥の民家
に向かい、その辺りから百体観音に向かう道を探します。

沢道の両側は、ヤマザクラも終わり、ヤマツツジやフジも咲き始め
ました。
唱歌「夏は来ぬ」で、卯の花と歌われたウツギも、純白の花弁を
広げています。
ウツギ

ニガナと間違いやすいジシバリ(イワニガナ)です。
ニガナは、舌状花と呼ばれる花弁が5枚で、ジシバリと比べると
だいぶ少ないです。
ジシバリ

フタリシズカは、これから開花のようです。
フタリシズカ

結局、民家付近からの道は見つけることができず引き返し、来た
道とは別な山道を辿ります。
地図に書かれた道は、歩く人もなくヤブ状態です。
そんな時でも、真っ赤なヤマツツジに目を奪われます。
ヤマツツジ

帰り道で、蛾の仲間であるオオミズアオに出会いました。
もうだいぶ前、飯豊の山を歩いていて、初めてこの昆虫を見かけ
ました。
大型のきれいな蛾の写真を何枚も撮り、家に帰り図鑑で調べた
ものです。
オオミズアオ

今日は、林道や山道を30キロ近く歩きました。
金山林道
スポンサーサイト
21 : 02 : 44 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<散っていたアカヤシオ | ホーム | 茨城県植物園に行ってきました>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/411-a62e9283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |